マイページ

ジュニア

日本が地元のタイを2-1で下して決勝進出 [ワールドジュニアU14 アジア・オセアニア最終予選/男子]

「ワールドジュニア アジア・オセアニア予選(男女14才以下 国別対抗戦)」(タイ・バンコク/3月20~25日/ハードコート)の男子大会の5日目は、決勝トーナメント準決勝などが行われた。
 日本は韓国(グループC・1位)を2-1で破ったタイ(グループD・2位)と対戦。日本が地元のタイを2-1で倒して決勝進出を果たした。
 日本は最終日に行われる決勝で、中国(グループA・1位)と対戦する。中国は準決勝で、オーストラリア(グループD・1位)を2-0で下しての勝ち上がり。
 この大会の上位進出国(出場枠は男女各4ヵ国)はワールドジュニア決勝大会(8月7~12日/チェコ・プレステヨフ)の出場権を獲得する。昨年は男子が3位、女子は準優勝となり、男女揃って世界大会出場を決めている。
※国名の左に付いている数字はドロー番号
◇   ◇   ◇
ワールドジュニア男子日本代表
監督◎櫻井準人
選手◎望月慎太郎、磯村志(やすいそ庭球部)、末岡大和(トップラン)
<決勝トーナメント結果>
【準決勝】
○1中国(グループA・1位)2-0 ●3オーストラリア(グループD・1位)
●5タイ(グループD・2位)1-2 ○8日本(グループB・1位)
S2 ○GUNTINUN SOOTINUN-OPART 5-7 7-5 6-4 ●磯村
S1 ●TANAPATT NIRUNDORN 3-6 2-6 ○望月
D ●NIRUNDORN/SOOTINUN-OPART 4-6 6-2 [4-10] ○磯村/望月
--------------------
【5-8位決定戦】
●1シリア(グループB・2位)0-3 ○2インド(グループC・2位)
○3韓国(グループC・1位)2-0 ●4台湾(グループA・2位)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu