マイページ

ジュニア

目指すは世界トップ10! 富士薬品がジュニア女子選手をサポート

 トップジュニアを海外遠征に派遣するサポートプロジェクト「富士薬品セイムス ワールドチャレンジプログラム」の結団式が22日、さいたま市の富士薬品本部で行われた。

 同プログラムは毎年2人の女子選手を選抜し、12~14歳までの3年間、年間4ヵ月程度の海外遠征費用を全額援助するもの。

 富士薬品の高柳昌幸社長は「15歳になれば自分の力でツアーを回ることができる。その前の3年間に、世界の同世代の実力を肌で感じることが大切。将来、世界トップ10入りする選手を輩出できればうれしい」とプログラムの意図を語った。

 今年スタートするプロジェクトでは、昨年の地区大会、全国大会を経て6人が選抜された。14歳の池田涼子(たちかわジュニアテニスアカデミー)、齋藤優寧(SFC)は今年1年、13歳の光崎澪(h2エリートテニスアカデミー)、宮川このみ(SFC)は2年間、12歳の小林杏奈(海の中道M&T)、木河優(福岡パシフィックテニスアカデミー)は3年間サポートを受ける。

 来年は池田、齋藤が抜け、全国9地区の予選、さらに全国大会を経て再来年12歳になる成績優秀者2人が選抜され、毎年6人の選手をサポートし続けていく。

 選手たちは「4大大会出場」「選ばれたからには結果を残したい」「3年後のオリンピックに出られるよう頑張る」など、それぞれ大きな目標を掲げた。

 高柳社長は、「選手たちの夢を応援することはもちろん、人間的な成長に寄与することを目指す。10年は続けたい」と長期的な展望も語った。

   (Tennis Magazine/テニスマガジン)

※トップ写真は左から池田涼子(たちかわジュニアテニスアカデミー)、宮川このみ(SFC)、小林杏奈(海の中道M&T)、高柳昌幸社長、木河優(福岡パシフィックテニスアカデミー)、光崎澪(h2エリートテニスアカデミー)齋藤優寧(SFC)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu