ジュニア

セルビアのケマノビッチが2年連続オレンジ・ボウル優勝、史上3人目

 「メトロポリア オレンジ・ボウル国際テニス選手権」(アメリカ・フロリダ州プランテーション/12月5~11日/ITF Grade A/クレーコート)の18歳以下少年シングルスで第1シードのミオミール・ケマノビッチ(セルビア)が第2シードのウー・イービン(中国)を6-3 6-1で倒し、2年連続優勝を果たした。
 
 17歳のケマノビッチはジュニア世界ナンバーワンとして今年を終える。彼はビリー・マーティン(1973、74年)、ハロルド・ソロモン(1969、70年)に次ぎ、70年の歴史を誇るオレンジ・ボウルで2年連続で18歳以下少年シングルスに優勝した3人目の男子選手となった。
 
 ケマノビッチは前週アメリカ・フロリダ州ブラデントンで開催されたエディ・ハー大会(11月28日~12月4日/ITF Grade 1/クレーコート)とオレンジ・ボウルの双方で18歳以下少年シングルスのタイトルを獲得した選手として、ドミニク・ティーム(2011年)、アンディ・ロディック(1999年)に続くことになった。この2つの大会が2週連続で開催されることになったのは1993年からのことだ。
 
 オレンジ・ボウル18歳以下少女シングルスは、16歳の第9シード、カヤ・ジュバン(スロベニア)が優勝した。彼女は決勝でジュニア世界1位のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-1 6-4のストレートで下した。

 なお日本勢は少年ダブルスで、第4シードの堀江亨(関スポーツ塾・T)/清水悠太(パブリックテニスイングランド)が羽澤慎治(西宮甲英高)/田島尚輝(TEAM YONEZAWA)を6-2 6-1で倒してタイトルを獲得した。 (C)AP(テニスマガジン)

※写真はフロリダで開催されたジュニアの国際大会オレンジ・ボウルで史上3人目となる2年連続優勝を果たしたケマノビッチ(写真は全米オープン・ジュニアでのもの)
Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 11: Miomir Kecmanovic of Serbia poses with his second place trophy after being defeated by Felix Auger-Aliassime of Canada in their Junior Boys' Singles Final Match on Day Fourteen of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 11, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Michael Reaves/Getty Images)

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu