ジュニア

本戦4日目、綿貫陽介と清水悠太がベスト8進出 [世界スーパージュニア]

 「大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会」(ITF Grade A/大阪・靱テニスセンター/本戦10月17~23日/ハードコート)の本戦4日目は、男女シングルス3回戦とダブルス準々決勝が行われた。男子の試合結果は以下の通り。

 世界スーパージュニアテニス選手権大会は年間9大会行われる国際ジュニア大会で最高レベルの『グレードA』の大会で、男女シングルス各64ドロー、男女ダブルス各32ドローで争われる。

 21日(金)は10時00分から、男女シングルス準々決勝とダブルス準決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【男子シングルス3回戦】

○1ミオミール・ケマノビッチ(セルビア)[1] 6-1 3-0 Ret. ●8ミハイル・ソコロフスキー(ロシア)[15]

○16リアム・カルアナ(イタリア)[6] 6-1 6-1 ●11ジョン ブライアン デカーサ・オティコ(フィリピン)

○24ソンボル・ピロシュ(ハンガリー)[16] 4-6 7-5 6-0 ●17アレクセイ・ポピュリン(オーストラリア)[4]

○25スー・ユーシャオ(台湾)[10] 6-3 6-1 ●29伊藤竹秋(慶応義塾高校)[Q]

------------

○33清水悠太(西宮甲英高)[7] 7-5 6-3 ●40アルベルト・リム(フィリピン)[9]

○48ニコラ・クーン(ドイツ)[3] 6-3 6-2 ●43バーナード ブルーノ・コンバ(オーストラリア)

○49ルオ・チェンシュン(台湾)[8] 6-4 6-2 ●56ZHAO,Lingxi(中国)[11]

○64綿貫陽介(フリー)[2] 6-3 6-3 ●57コンスタンティン・ビトゥン コズミン(フランス)[14]

--------------------

【男子ダブルス準々決勝】

○1堀江亨清水悠太(関スポーツ塾・T/西宮甲英高)[1] 6-7(1) 7-6(2) [10-4] ●8ソンボル・ピロシュ/ミハイル・ソコロフスキー(ハンガリー/ロシア)[7]

○11カルロ・ジブコビッチ/ダビド・ジュラス(セルビア/スウェーデン)7-6(4) 3-6 [13-11] ●14コンスタンティン・ビトゥン コズミン/川上倫平(フランス/狛江インドアジュニアATPチーム)

○24リアム・カルアナ/アルベルト・リム(イタリア/フィリピン)[3] 7-6(0) 6-2 ●18菊地裕太/大島立暉(トップランAIOI)

○32ミオミール・ケマノビッチ/エルギ・キルキン(セルビア/トルコ)[2] 6-3 6-4 ●25オルカヨーデ アラフィア ダミナ・アエニ/ニコラ・クーン(アメリカ/ドイツ)[6]


※写真は男子シングルスで8強入りを果たした第7シードの清水悠太

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu