ジュニア

16歳の千村もも花が念願の全国タイトルを獲得 [第36回全日本ジュニア選抜室内・女子]

 兵庫県三木市のブルボン ビーンズドームで行われてきた「JOCジュニアオリンピックカップ/第36回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権」(12月11~13日)は最終日、順位別トーナメントの決勝と3位決定戦を実施。これで出場者全員が1位から16位まで順位づけされ、上位から3人は、千村もも花(TTC)、小堀桃子(UTPあたごテニスクラブ)、松田美咲(浦和学院高)となった。

ブルボン ビーンズドーム

   ◇   ◇   ◇

 今年は関東ジュニアに続いて全日本ジュニアU18での準優勝------早生まれのまだ16歳ではあるが、決勝まで進みながらなかなか勝てず悔しい思いをしてきた千村が、念願のタイトルを手にした。

 前日には、今年の全日本ジュニアの準々決勝で国内ジュニアナンバーワンの村松千裕(TTC)に勝ったことが一番うれしい出来事だったと話していたが、「それを超える」くらいの喜びだった。

 優勝という成績だけでなく、松田、小堀という実績ある選手たちを連破した末の優勝がうれしいという。同学年の彼女たちは来年もまた多くの舞台で上位を争うことになるライバルたちだ。一年の締めくくりとしてではなく、来年に向けての自信を得られたことが大きい。

 小堀との決勝はブレーク合戦になった。ジュニア世代の女子ならそれが特に珍しいわけではなく、リターンからの攻撃を得意としているこの2人の戦いならなおさら考えられる展開だ。しかし両セットとも終盤になって千村がより高い安定感を見せた。第1セットは5-2から5-4のイーブンまで追い上げられながら、ラブゲームでブレークして6-4。第2セットも3-4から3ゲームを連取した。


 「(小堀は)相手の動きの逆をつくのがうまいので、その裏をかくような動きをするように心がけた」と千村はあとで明かしたが、小堀にとってはそれもじわじわとプレッシャーになったのだろうか。「先にミスが出て、雑なプレーになった」のが敗因だ。

試合後、ネットを挟んで握手を交わす千村(左)と小堀

 ところで、千村の姉は2年前に全日本ジュニアを制した千村夏実だが、当時すでに18歳でプロ志向・海外志向が強かった夏実は、同年の全日本ジュニア選抜室内に出場資格があったが出場しなかった。しかし、そんな姉が選んだ道の険しさを見てきたもも花は、将来に関して驚くほど慎重だ。プロも世界も目指さないと断言する。大学進学を目標に定めてから、今年は国内大会だけに専念してきた。だから余計にこの優勝の価値も大きいのかもしれない。 

 なお、3位決定戦では、センバツ準優勝の松田が全日本ジュニアU16ベスト4で中学3年の宮本愛弓(志津テニスクラブ)を6-4 6-2で破り、2歳上の意地を見せた。

※トップ写真は優勝した千村もも花

テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美) 

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu