マイページ

JAPAN WOMEN'S OPEN

「1ポイントでも多く自分らしいプレーを出せるように」最後まで諦めない姿勢見せた伊達公子 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)の1回戦終了後、現役生活にピリオドを打った伊達公子

「ジャパンウイメンズオープン」(WTAインターナショナル/東京・有明テニスの森公園テニスコート/本戦9月11~17日/賞金総額25万ドル/ハードコート)は9月12日、シングルス1回戦3試合が行われ、今大会で引退を表明している伊達公子(エステティックTBC)は、アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)に0-6 0-6で敗れ、現役生活にピリオドを打った。

◇   ◇   ◇

「100%には程遠かった」

 伊達自身の言葉を聞くまでもなく、見守ったファンも、かつてと同じパフォーマンスを求めることが難しいことはすぐに察しただろう。

 昨年の4月に左膝の軟骨移植の手術を受け、今年5月に復帰を果たしたが、そのあとに右肩を痛めて2度目の現役引退を決断。現役最後の舞台としたこの大会には、伊達自身が「このところの練習の中で、それほど質の高いものを出せるとは思えなかった。1ポイントでも多く、自分らしいプレーを出せるように」という状態で臨んだのだった。

 それでも、「負けるのが嫌い、最後まで勝負にこだわってきた」という伊達の勝負根性は健在だった。

 膝の不安を抱えながら、クルニッチのドロップショットに何度もネットへ食らいつき、サイドへの厳しい強打に苦しい声を上げながらも諦めることなく走り回った。

 第2セットの第1ゲーム、クルニッチのサービスで30-40とブレークポイントを握ったが、手を緩めることのないクルニッチの強打と配球に、これをものにできず――。悔しそうな表情で天を仰いだ姿が印象的だが、また一方で「1ポイントの重み、1ゲームの重みをあらためて感じたし、これがプロテニスプレーヤーのタフさ」と試合後は清々しく敗戦を振り返った。

 試合後の引退セレモニーで、その最後まで諦めない姿勢に涙したのは、伊達の5歳年下、"ファーストキャリア"の全盛期も知る浅越しのぶさんだ。

「なんとか1ゲーム取りたい」

 0-6 0-5と敗色濃厚な場面でも、伊達はオンコートコーチングを要求。テレビ解説を務めた浅越さんは、その会話を漏れ聞き、「『1ゲーム取りたい』という声が聞こえてきて、まだ取りたいんだと......。最後まで諦めない姿勢がすごい」と、同じ園田学園高校出身の先輩へ花束を渡しながら笑い、そして泣いた。

 現役復帰後の2年目からは、「若い人へ刺激を与えたいという思いから、自分自身のチャレンジに変わっていった」と伊達はきっぱりと言うが、ストイックにテニスに向き合う姿勢に20代の選手たちが何も感じないわけはないだろう。

 同じく引退セレモニーに立ち会った奈良くるみ(安藤証券)は、「伊達さんが復帰してきてくれて、今の私たちがある」と語った。

「若い選手たちにとっては、『伊達さんがやっているんだから』と言われたら、言い訳ができないという意味では刺激になっていたかもしれない」と自身は笑うが、「ケガや苦しいときなどもあるけれど、緊張感や達成感を味わえるのは本当に限られた時間。いいことも悪いこともテニスからいろいろ学んで、人間的にも女性としても成長してほしい」という若手選手たちへ向けた言葉には、それを実感してきたアスリートにしか発せられない重みがあった。

 その言葉は、きっと多くの女子選手にとって、厳しい挑戦の日々への糧になるはずだ。

◇   ◇   ◇

 加藤未唯(佐川印刷)と日比野菜緒(LuLuLun)の日本選手同士の対戦は、雨のため有明コロシアムで行われ、予選勝ち上がりの加藤が6-3 6-4のストレートで勝利し、2回戦進出を決めている。

テニスマガジン/ ライター◎田辺由紀子)

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)の1回戦終了後、現役生活にピリオドを打った伊達公子

ジャパンウイメンズオープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]