マイページ

JAPAN WOMEN'S OPEN

日本勢は加藤未唯と今西美晴が予選決勝に進出 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選決勝に進出した加藤未唯

「ジャパンウイメンズオープン」(WTAインターナショナル/東京・有明テニスの森公園テニスコート/予選9月9~11日、本戦9月11~17日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の予選2日目は、1回戦残り1試合と2回戦8試合が行われた。

 11人が出場した日本勢は3人が2回戦に臨み、加藤未唯(佐川印刷)と今西美晴(島津製作所)が予選決勝に駒を進めたが、瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)は第1シードのダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)に6-2 3-6 2-6で敗れた。

 初戦で第3シードを破った加藤がバシャック・エライドゥン(トルコ)を6-3 6-0で、今西はリゼット・カブレラ(オーストラリア)を2-6 6-4 6-0で下しての勝ち上がり。本戦入りをかけて、加藤がマグダレナ・フレッチ(ポーランド)と、今西はコビニッチと対戦する。

 予選はシングルス32ドローで争われ、3試合を勝ち上がった4人が本戦への出場権を獲得する。

 9月11日(月)から本戦がスタートする。初日は11時00分から、シングルス1回戦6試合とダブルス1回戦2試合および予選決勝4試合が行われる予定となっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

◇   ◇   ◇

【シングルス予選2回戦】

○1ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)[1] 2-6 6-3 6-2 ●4瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[Alt]

○6今西美晴(島津製作所)2-6 6-4 6-0 ●7リゼット・カブレラ(オーストラリア)

------------

○9ザリナ・ディアス(カザフスタン)[2] 6-3 6-2 ●12ジュリア・ガット モンティコーネ(イタリア)

○14ルクシカ・クンクン(タイ)6-4 6-4 ●16チャン・スジョン(韓国)[6]

------------

○18加藤未唯(佐川印刷)6-3 6-0 ●19バシャック・エライドゥン(トルコ)

○22マグダレナ・フレッチ(ポーランド)4-6 7-6(3) 6-1 ●24アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)[5]

------------

○25ヤナ・フェット(クロアチア)[4] 6-1 4-6 6-4 ●28カロリーナ・ムチョバ(チェコ)

○30レスリー・ケルクホーフ(オランダ)6-3 7-5 ●32カリン・リモーネ(オランダ)[8]

--------------------

【シングルス予選1回戦】

○9ザリナ・ディアス(カザフスタン)[2] 6-3 6-2 ●10ダニエル・コリンズ(アメリカ)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選決勝に進出した加藤未唯

ジャパンウイメンズオープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

厳しい表情を見せるラファエル・ナダル

2017.11.14

ナダルが棄権、初優勝は来年に持ち越しに[ATPファイナルズ]

観客席から大きな拍手で見送られコートを後にするフェデラー

2017.11.19

フェデラー陥落。ゴファンの攻撃が冴え決勝進出を逃す[ATPファイナルズ]

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉

写真は試合後に固い握手を交わすフェデラーとズベレフ

2017.11.15

【大会3日目】フェデラーがズベレフを破り準決勝へ、ソックも望みをつなぐ勝ち星を掴む[ATPファイナルズ]

ラウンドロビンを全勝で突破したフェデラーと全敗となったチリッチ

2017.11.17

フェデラー「自分らしいプレーができた」チリッチに逆転勝利でラウンドロビン全勝突破[ATPファイナルズ]