マイページ

楽天ジャパンオープン

ラオニッチがまさかのリタイアで、杉田がベスト8進出[楽天ジャパンオープン]

「楽天ジャパンオープン」でラオニッチの棄権により勝利した杉田祐一

「楽天ジャパンオープン」(10月2日~10月8日/日本・東京/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、杉田祐一(三菱電機)がミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦。第1セット第1ゲームが終わったところでラオニッチがリタイアを宣言し、杉田のベスト8が決まった。

過去の対戦成績は杉田の0勝2敗だが、いずれもフルセットの戦いで、世界ランキング12位の壁を打ち破れるかどうかに期待がかかっていた。一方ラオニッチは「ロジャーズ・カップ」以降、左手首の怪我のため試合を欠場していたがこの楽天ジャパンオープン」で復帰していた。

試合はラオニッチのサービスでスタートすると、40-15といきなり杉田にブレークポイントが訪れる。ここでラオニッチが2本守るが、杉田がアドバンテージを得てもう一度チャンスに。しかしこのタイミングでラオニッチは一度ベンチへ。どうやら左手首以外のトラブルを起こしたようだった。その後ラオニッチはコートに戻るも、杉田にブレイクを許したところでリタイアを告げた。

杉田にとっては1回戦のブノワ・ペール(フランス)に続き、2回戦も相手のリタイアで勝ち上がる格好となった。

杉田は試合後のインタビューで「2試合連続となったが、トーナメントなので起こり得る。ラオニッチには来週以降早くもどってきてほしいし、私は次の試合に向けて準備したい」とラオニッチの体調を心配しつつも、意気込みを語った。

杉田はアドリアン・マナリノ(フランス)とベスト4をかけて戦う。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」でラオニッチの棄権により勝利した杉田祐一

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

フェデラーの強さの秘訣を語るアンドレ・アガシ(今年のメキシコのイベントに参加したときのもの)

2017.12.05

アガシが「フェデラーは特別」。フェデラーの強さについて語る

写真は2017年全豪オープンテニスでの錦織圭

2017.12.07

錦織圭、復帰への心境を語る「なるべく早くトップに戻っていきたい」