マイページ

楽天ジャパンオープン

ラオニッチがまさかのリタイアで、杉田がベスト8進出[楽天ジャパンオープン]

「楽天ジャパンオープン」でラオニッチの棄権により勝利した杉田祐一

「楽天ジャパンオープン」(10月2日~10月8日/日本・東京/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、杉田祐一(三菱電機)がミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦。第1セット第1ゲームが終わったところでラオニッチがリタイアを宣言し、杉田のベスト8が決まった。

過去の対戦成績は杉田の0勝2敗だが、いずれもフルセットの戦いで、世界ランキング12位の壁を打ち破れるかどうかに期待がかかっていた。一方ラオニッチは「ロジャーズ・カップ」以降、左手首の怪我のため試合を欠場していたがこの楽天ジャパンオープン」で復帰していた。

試合はラオニッチのサービスでスタートすると、40-15といきなり杉田にブレークポイントが訪れる。ここでラオニッチが2本守るが、杉田がアドバンテージを得てもう一度チャンスに。しかしこのタイミングでラオニッチは一度ベンチへ。どうやら左手首以外のトラブルを起こしたようだった。その後ラオニッチはコートに戻るも、杉田にブレイクを許したところでリタイアを告げた。

杉田にとっては1回戦のブノワ・ペール(フランス)に続き、2回戦も相手のリタイアで勝ち上がる格好となった。

杉田は試合後のインタビューで「2試合連続となったが、トーナメントなので起こり得る。ラオニッチには来週以降早くもどってきてほしいし、私は次の試合に向けて準備したい」とラオニッチの体調を心配しつつも、意気込みを語った。

杉田はアドリアン・マナリノ(フランス)とベスト4をかけて戦う。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」でラオニッチの棄権により勝利した杉田祐一

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

痛めた左手に苦しむデル ポトロ

2017.10.14

デル ポトロ、左手の負傷で病院へ[上海ロレックス・マスターズ]

練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)

2017.10.21

右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]