マイページ

国内国際

林恵里奈が予選から8強入り [久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子]

※写真はシングルス準々決勝に進出した予選勝者の林恵里奈 写真提供◎大会事務局/撮影:藤井 稔(大会Official Photographer)

「久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子テニス」(福岡県久留米市・新宝満川地区テニスコート/本戦5月16~21日/賞金総額6万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦3日目は、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのセニア・リキーナ(ロシア)、第2シードの澤柳璃子(ミキハウス)、第4シードのローラ・ロブソン(イギリス)、第5シードの波形純理(伊予銀行)、ケイティ・ボールター(イギリス)、清水綾乃(フリー)、今西美晴(島津製作所)、予選勝者の林恵里奈(福井県体育協会)がベスト8進出を決めた。

 ダブルスでは、第3シードの今西/瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)と前週の福岡(ITF6万ドル/砂入り人工芝コート)で準優勝を果たした林/梶谷桜舞(島津製作所)が準決勝進出を決めている。

 5月19日(金)は10時00分から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準々決勝残り2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○1セニア・リキーナ(ロシア)[1] 6-2 6-4 ●4牛島里咲(筑波大学)

○5ケイティ・ボールター(イギリス)5-7 6-3 6-1 ●8ケイティ・ダン(イギリス)[8]

○10清水綾乃(フリー)6-2 6-1 ●12華谷和生(Ravie Court)[Q]

○16波形純理(伊予銀行)[5] 6-2 6-3 ●13宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)[Q]

○20今西美晴(島津製作所)6-3 6-2 ●17岡村恭香(ストライプインターナショナル)[6]

○24ローラ・ロブソン(イギリス)[4] 6-1 6-3 ●22藤原里華(北日本物産)[Q]

○28林恵里奈(福井県体育協会)[Q] 2-6 6-4 6-4 ●26馬場早莉(フリー)[WC]

○32澤柳璃子(ミキハウス)[2] 4-6 6-0 6-3 ●30オリビア・チャンドラムリア(オーストラリア)

--------------------

【ダブルス準々決勝】

○12今西美晴/瀬間詠里花(島津製作所/橋本総業ホールディングス)[3] 7-5 6-4 ●9鮎川真奈/岡村恭香(橋本総業ホールディングス/ストライプインターナショナル)

○13林恵里奈/梶谷桜舞(福井県体育協会/島津製作所)6-2 7-6(1) ●16波形純理/高畑寿弥(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[2]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真はシングルス準々決勝に進出した予選勝者の林恵里奈
写真提供◎大会事務局/撮影:藤井 稔(大会Official Photographer)

久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子テニス|公式サイト

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト