マイページ

国内国際

46歳の伊達公子は復帰戦勝利ならず [カンガルーカップ国際女子]

※写真は左膝半月板の手術を受け、昨年1月の全豪オープン予選以来となる公式戦復帰を果たした46歳の伊達公子 写真提供◎岐阜県テニス協会

「カンガルーカップ国際女子オープン」(岐阜県・長良川テニスプラザ/本戦5月2~7日/賞金総額8万ドル/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦残り11試合とダブルス1回戦残り3試合が行われた。

 シングルスの日本勢は、第1シードの奈良くるみ(安藤証券)、加藤未唯(佐川印刷)、岡村恭香(ストライプインターナショナル)の3人が2回戦に駒を進めた。

 左膝半月板の手術を受け、昨年1月の全豪オープン予選以来となる公式戦復帰を果たした46歳の伊達公子(エステティックTBC)は、第3シードのジュ・リン(中国)に2-6 2-6で敗れた。

 ダブルスでは、第2シードのジェシカ・ムーア(オーストラリア)/バラチャヤ・ウォンティアンチャイ(タイ)、モニク・アダムザック(オーストラリア)/波形純理(伊予銀行)、ケイティ・ダン(イギリス)/ユリア・グルシュコ(イスラエル)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 5月4日(木)は11時00分から、シングルス2回戦7試合とダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○1奈良くるみ(安藤証券)[1] 6-1 6-2 ●2バラチャヤ・ウォンティアンチャイ(タイ)[Q]

○4岡村恭香(ストライプインターナショナル)2-6 7-5 7-6(3) ●3瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[Q]

○5ジャクリーン・カコ(アメリカ)6-1 7-6(5) ●6鵜飼美希(東海学園大学)[WC]

○9ジュ・リン(中国)[3] 6-2 6-2 ●10伊達公子(エステティックTBC)[WC]

○14カン・ジアチー(中国)[Q] 6-1 6-3 ●13小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[Q]

○15ローラ・ロブソン(イギリス)6-3 6-2 ●16セニア・リキーナ(ロシア)[6]

○18ルクシカ・クンクン(タイ)7-5 6-3 ●17ザリナ・ディアス(カザフスタン)[8]

○20加藤未唯(佐川印刷)6-4 6-3 ●19ルー・ジンジン(中国)

○22アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)2-6 6-3 7-5 ●21澤柳璃子(ミキハウス)

○24チャン・スジョン(韓国)[4] 6-3 6-2 ●23大前綾希子(島津製作所)

○27ユリア・グルシュコ(イスラエル)6-1 6-1 ●28波形純理(伊予銀行)

--------------------

【ダブルス1回戦】

○11モニク・アダムザック/波形純理(オーストラリア/伊予銀行)6-3 3-6 [10-7] ●12セニア・リキーナ澤柳璃子(ロシア/ミキハウス)[4]

○13ケイティ・ダンユリア・グルシュコ(イギリス/イスラエル)3-6 7-6(5) [10-5] ●14鮎川真奈/エミリー・ウェブリー スミス(橋本総業ホールディングス/イギリス)

○16ジェシカ・ムーア/バラチャヤ・ウォンティアンチャイ(オーストラリア/タイ)[2] 6-1 7-5 ●15伊達摩紘/蛸井涼華(椙山女学園高等学校/帝京大学可児高校)[WC]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は左膝半月板の手術を受け、昨年1月の全豪オープン予選以来となる公式戦復帰を果たした46歳の伊達公子
写真提供◎岐阜県テニス協会

岐阜県テニス協会カンガルーカップ国際女子オープン2017|公式

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu