国内国際

秋田史帆、岡村恭香ら日本勢5人が8強入り [亜細亜大学国際女子オープン]

 「亜細亜大学国際女子オープンテニス」(東京・亜細亜大学日の出キャンパス/本戦3月21~26日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)の本戦3日目は、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

 シングルスの日本勢は、第1シードの秋田史帆(北島水産)、第2シードの岡村恭香(ストライプインターナショナル)、第6シードの瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)、荒川晴菜(吉田記念テニス研修センター)、予選勝者の小堀桃子(橋本総業ホールディングス)の5人がベスト8進出を決めた。

 ダブルスでは、第1シードのリー・ペイチー(台湾)/ニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)、第2シードの井上明里(レスポートサックジャパン)/奥野彩加(Club MASA)、第3シードの小堀/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)、第4シードの秋田/瀬間のシード勢4組が揃って準決勝に進出した。

 3月24日(金)は10時00分からシングルス準々決勝4試合、13時00分以降にダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○1秋田史帆(北島水産)[1] 6-4 6-2 ●4吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)[Q]

○8瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[6] 4-6 6-2 6-1 ●6牛島里咲(筑波大学)

○12イ・ソラ(韓国)4-6 6-3 6-2 ●10喜島瑞乃(フリー)

○15小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[Q] 6-4 6-3 ●14美濃越舞(YCA)[Q]

○18トーリ・キナード(アメリカ)6-4 2-6 6-3 ●20林恵里奈(早稲田大学)[Q]

○22サラ レベッカ・セクリッチ(ドイツ)7-6(8) 6-2 ●23リー・ペイチー(台湾)

○26荒川晴菜(吉田記念テニス研修センター)6-2 7-6(11) ●27ユキ クリスティーナ・チャン(アメリカ)[Q]

○32岡村恭香(ストライプインターナショナル)[2] 5-2 Ret. ●30小関みちか(フリー)

--------------------

【ダブルス準々決勝】

○1リー・ペイチー/ニチャ・ラピタクシンチャイ(台湾/タイ)[1] 6-3 6-3 ●4ユキ クリスティーナ・チャン/西郷幸奈(アメリカ/総武グリーンテニスクラブ)

○5小堀桃子/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)[3] 7-5 6-4 ●7カン・ジアチー/ツァオ・チェンチェン(中国)

○12秋田史帆/瀬間詠里花(北島水産/橋本総業ホールディングス)[4] 6-7(5) 6-2 [15-13] ●9キム・ダビン/イ・ソラ(韓国)

○16井上明里/奥野彩加(レスポートサックジャパン/Club MASA)[2] 6-3 7-6(2) ●14サラ レベッカ・セクリッチ/シェルビー・タルコット(ドイツ/アメリカ)


※写真はシングルス準々決勝に進出した第1シードの秋田史帆
写真提供◎亜細亜大学テニス部

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

大坂なおみ Photo:STUTTGART, GERMANY - APRIL 26: Naomi Osaka of Japan in action during her match against Johanna Konta of Great Britain during the Porsche Tennis Grand Prix at Porsche Arena on April 26, 2017 in Stuttgart, Germany. (Photo by Adam Pretty/Bongarts

2017.04.26

大坂なおみはコンタに3連敗で初戦突破ならず [ポルシェ・テニス・グランプリ]

薬物使用により15ヵ月の出場停止処分が終わり、まもなくコートに戻るマリア・シャラポワ(ロシア)

2017.04.26

シャラポワのワイルドカード論争にハレプとコルネが新しい刺激を投入 [ポルシェ・テニス・グランプリ]

※写真は昨年の全日本選手権での大前綾希子

2017.04.26

大前綾希子/ボラコバは初戦で敗退 [TEB BNP パリバ イスタンブール・カップ]

2017.04.26

本戦3日目が終了、女子シングルスと男子ダブルスのベスト4が出揃う [H29春季北信越学生]

※写真は全豪オープンでの日比野菜緒

2017.04.26

日比野菜緒は1回戦で予選勝者のカダントゥに敗退 [TEB BNP パリバ イスタンブール・カップ]