マイページ

国内国際

モンフィス、カルロビッチらが準々決勝へ [楽天ジャパンオープン]

 東京・有明で開催されている「楽天ジャパンオープン」(ATP500/本戦10月3~9日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/賞金総額136万8605ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第2シードのガエル・モンフィス(フランス)が足首の故障を克服して同胞のジル・シモン(フランス)を6-1 6-4で下して準々決勝に進出した。
 
 第2セットで足首を故障してトレーナーを呼んだとき、モンフィスは1-4でリードを奪われていたが、治療後の彼は5ゲームを連取した。

 「どういうわけか治療を終えて戻ったとき、ショットの具合がよりよくなった。もしかすると、(治療前にはケガのせいで)不安に駆られていたからかもしれない」とモンフィスは言った。
 
 モンフィスは次の準々決勝で、第7シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)と対戦する。ビッグサーバーのカルロビッチはヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)を7-6(9) 7-6(5)で下した試合で、24本のサービスエースを記録した。彼は東京でここまでプレーした5セットのすべてで、タイブレークに突入している。
 
 「昨年には多くのタイブレークで負けていたんだが、今年の僕はタイブレークのときによりリラックスしている。パニックにならないよう努めているんだよ」とカルロビッチ。「今日の僕のゲームプランはいつもより頻繁にネットに出るというものだったが、うまく機能しなかったからより後ろから戦わなければならなかった」。
 
 2011年以来の対決となった今年7月のワシントンDCで、モンフィスはカルロビッチを倒している。
 
 カルロビッチは、「ワシントンで僕は1セットを取り、さらにワンブレークでリードしていたんだ」と言った。「僕は技術的にすごくうまくやっていた。ボールをハードヒットしてね…。彼はそういうのが好きではないようで、やりにくそうだったよ。同じことをこの大会でもやって、今度はしっかり勝ちきることができたら、と願っている」。
 
 また、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)はマルコス・バグダティス(キプロス)を6-3 6-4で破り、ニック・キリオス(オーストラリア)との準々決勝へ駒を進めた。キリオスはラデク・ステパネク(チェコ)が背中の故障を理由に棄権したため、不戦勝で準々決勝へ進んだ。
 
 水曜日の2回戦を故障のため途中棄権した第1シードの錦織圭(日清食品)は、来週の上海マスターズへの出場を取り消した。彼は変わらず、シーズン末にロンドンで行われるツアー・ファイナルズでプレーできるよう願っている、とコメントを発表した。
 
「検査の結果、僕は左臀部の筋肉を痛めたことがわかった」と錦織。「医師は少なくとも10日間の休息をとり、しっかりとリハビリを行うようにと言っている。僕はコートに戻り、シーズン末に準備が整っているようにするため、全力を尽くすつもりだ」。(C)AP

※写真は「楽天ジャパンオープン」で準々決勝に進出したイボ・カルロビッチ(クロアチア)


テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)

2017.10.21

右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま