国内国際

大坂なおみは初タイトル獲得ならず、ウォズニアッキが6年ぶりの優勝 [東レPPO]

 「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)のシングルス決勝で、大坂なおみ(日本)は元世界ナンバーワンのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に5-7 3-6で敗れ、ウォズニアッキが6年ぶりの優勝を果たした。試合時間は1時間46分。

 18歳の大坂は、WTAツアーでは今回が初めての決勝の舞台。ツアー下部のITF(国際テニス連盟)サーキットとWTA125Kシリーズを含めると6度目のチャンスだったが、初のタイトル獲得はならなかった。

 昨年に続いてワイルドカード(主催者推薦枠)を得て出場した大坂。本戦デビューとなった昨年の1回戦では、バーボラ・ストリコバ(チェコ)に5-7 2-6で敗れていた。ウォズニアッキとは今回が初対戦だった。

 2008年から9年連続出場となったウォズニアッキは、2010年以来の大会制覇でツアー通算24勝目。昨年は準決勝でベリンダ・ベンチッチ(スイス)に2-6 4-6で敗れていた。

 今大会でのウォズニアッキは、1回戦で昨年敗れたベンチッチを6-2 5-7 6-1で、2回戦で第4シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を7-6(4) 4-6 6-4で、準決勝では前年の優勝者で第2シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を4-6 7-5 6-4で破るなどして今シーズン初の決勝進出を決めていた。


※写真はシングルス決勝で対戦した大坂なおみ(右)とカロライン・ウォズニアッキ(左)


テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

全米オープン, USOPEN

2017.07.21

サーブ・着替え・ウォームアップ〈時計〉を予選で試験的に採用 [全米オープン]

※写真は「スウェーディッシュ・オープン」(スウェーデン・バスタッド)で決勝に進出した第8シードのダビド・フェレール(全仏オープンでのもの) Photo:PARIS, FRANCE - MAY 29: David Ferrer of Spain plays a forehand during the mens singles first round match against Donald Young of The United States on day two of the 2017 French Op

2017.07.23

ある男がナチの敬礼で準決勝を中断させる珍事 [スウェーディッシュ・オープン]

ジュニアデビスカップ,ジュニアフェドカップ

2017.07.19

ジュニアデビスカップ、ジュニアフェドカップの日本代表選手発表

baboral, バボラ, BLUE

2017.07.19

バボラ『BLUE NIGHT』(最新モデル先行試打会)参加者募集!