マイページ

国内国際

前年覇者のラドバンスカがリオ五輪金メダルのプイグを下して準決勝へ [東レPPO]

 「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)のシングルス準々決勝で、前年の優勝者で第2シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)がリオ・オリンピック金メダリストのモニカ・プイグ(プエルトリコ)を6-2 6-3で下してベスト4進出を決めた。試合時間は1時間16分。

 プイグとラドバンスカは1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦で初対戦しており、ラドバンスカが6-4 6-0で勝っていた。

 今大会には2年連続8度目の出場となる27歳のラドバンスカ。昨年は決勝でベリンダ・ベンチッチ(スイス)を6-2 6-2で破り、4年ぶり2度目の優勝を果たしている。

 ラドバンスカは準決勝で、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と予選から勝ち上がってきたマグダ・リネッテ(ポーランド)の勝者と対戦する。


※写真は準決勝進出を果たしたアグネツカ・ラドバンスカ


人気記事ランキング

PAGE TOP
menu