マイページ

国内国際

マクヘイルがツアー初優勝「トロフィーをずっと掲げていたい気分よ」 [橋本総業JAPAN WOMEN'S OPEN]

 「橋本総業 ジャパンウイメンズオープン」(WTAインターナショナル/9月12~18日/東京・有明テニスの森/ハードコート)の女子シングルス決勝で、第7シードのクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)がカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を3-6 6-4 6-4で下して初のツアー・タイトルを獲得した。
 
 マクヘイルは最終ゲームを含め、相手のサービスを7度ブレークして勝利をもぎ取った。やはり初のツアー・タイトルを狙っていたシニアコバは第1セットを先取して幸先のいいスタートを切り、第2セットでも4-2とリードしたが、奮起したマクヘイルが8ゲームを連取して主導権を奪った時間帯に抵抗してそのリードを守りきることができなかった。
 
 初優勝に大喜びのマクヘイルは「トロフィーを下ろしたくないくらいよ。ずっと掲げ続けていたいわ」という言葉で喜びを表現。「もう何年もこの大会に出場し続けてきたけれど、本当に大好きな大会なの」と話した。

 この試合は24歳のマクヘイルにとって、キャリア2度目の決勝だった。彼女は2014年のアカプルコでも決勝に進出していたが、そこではドミニカ・チブルコバ(スロバキア)に敗れていた。
 
 一方、7月のバスタッドでも決勝に進出していたシニアコバは、第3セットで2-5から巻き返して試合の終盤を白熱させた。

 「この2度目の決勝でまた敗れてしまい、私にとっては本当に辛いことだわ。だから、今は少し悲しい。だけど、クリスティーナは本当にいいプレーをしたから、彼女におめでとうと言いたい」とシニアコバは言った。(C)AP

※写真は「橋本総業ジャパンウイメンズオープン」でツアー初優勝を飾ったクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ/右)と準優勝のカテリーナ・シニアコバ(チェコ/左)


テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]