マイページ

国内国際

21歳のアブドレイモワがメストフを破って今季のシングルス初優勝 [軽井沢国際女子]

 「軽井沢国際女子テニス大会」(長野県・風越公園屋外テニスコート/本戦5月19~24日/賞金総額2.5万ドル/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、シングルス決勝が行われた。

 決勝は外国人選手同士の対戦となり、第3シードのニギナ・アブドレイモワ(ウズベキスタン)が第1シードのアン ソフィー・メストフ(ベルギー)を6-3 7-5で下してシングルスでの今シーズン初優勝を飾った。試合時間は1時間46分。

 アブドレイモワはITFサーキットのシングルスでは昨年6月のナマンガン(ITF2.5万ドル/ハードコート)以来のタイトル獲得で、通算4勝目。前週の久留米(ITF5万ドル/砂入り人工芝コート)でも決勝に進出していたが、岡村恭香(ストライプインターナショナル)に6-7(10) 6-1 5-7で敗れて準優勝に終わっていた。

 2010年からウズベキスタンのフェドカップ代表としてもプレーしている21歳のアブドレイモワ。2月のアジア・オセアニアグループ1部の日本戦ではエース対決で日比野菜緒(フリー)を6-7(6) 6-4 6-3で破り、母国の勝利に貢献していた。

◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○24ニギナ・アブドレイモワ(ウズベキスタン)[3] 6-3 7-5 ●1アン ソフィー・メストフ(ベルギー)[1]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

--------------------

選手コメント(情報提供◎大会事務局)

ニギナ・アブドレイモワ(シングルス優勝)
 「私のコーチでもある叔父に感謝します。どうもありがとうございました」(表彰式のスピーチから)


※写真は左から大会ディレクターの畠中君代氏、シングルス優勝のニギナ・アブドレイモワ、準優勝のアン ソフィー・メストフ
写真提供◎大会事務局/撮影:北沢 勇(オフィシャルカメラマン)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年8月の「ロジャーズ・カップ」での錦織圭

2017.11.22

錦織圭、ナイキ本社を訪れ2018年のシューズについて話し合う

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉