マイページ

国内国際

岡村恭香はリキーナに敗れて準優勝 [福岡国際女子]

 「福岡国際女子テニス」(福岡県・博多の森テニス競技場/本戦5月10日~15日/賞金総額5万ドル/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、単複の決勝が行われた。

 シングルスはシード勢8人がすべて初戦で姿を消し、決勝に勝ち残ったのはセニア・リキーナ(ロシア)と岡村恭香(ストライプインターナショナル)の2人。25歳のリキーナが20歳の岡村を6-2 6-7(2) 6-0で破り、シングルスでは2013年以来となるタイトルを獲得した。試合時間は2時間14分。

 リキーナは2010年4月に世界ランク自己最高の171位をマーク。シングルスでは2013年2月のミルデューラ(ITF2.5万ドル/グラスコート)以来となる通算4勝目で、日本の大会では2009年5月の久留米(ITF5万ドル/砂入り人工芝コート)に続いて2度目の優勝を果たした。

 ダブルスではITFサーキットで2勝を挙げている岡村。シングルスでは昨年9月の能登(ITF2.5万ドル/砂入り人工芝コート)以来となる6度目の決勝進出だったが、初優勝はならなかった。

 海外勢同士の対戦となったダブルス決勝は、インディ・デ ブルーム(オランダ)/アレクサンドリーナ・ナイデノバ(ブルガリア)がニギナ・アブドレイモワ(ウズベキスタン)/リキーナを6-4 6-1で下して大会を制し、リキーナの単複2冠を阻止した。

◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○6セニア・リキーナ(ロシア)6-2 6-7(2) 6-0 ●26岡村恭香(ストライプインターナショナル)

--------------------

【ダブルス決勝】

○3インディ・デ ブルーム/アレクサンドリーナ・ナイデノバ(オランダ/ブルガリア)6-4 6-1 ●11ニギナ・アブドレイモワ/セニア・リキーナ(ウズベキスタン/ロシア)

※名前の左に付いている数字はドロー番号

--------------------

表彰式での選手スピーチ・抜粋(情報提供◎福岡国際女子テニス事務局)

セニア・リキーナ(シングルス優勝)
 「皆さんの応援のおかげで自分の力を出し切ることができました。岡村選手と決勝を戦えたことをうれしく思います。チームでここまで選手生活を続けてこれたこと、家族やスポンサーのサポートに感謝しています」


※写真はシングルス優勝のセニア・リキーナ(右)と準優勝の岡村恭香(左)
写真提供◎福岡国際女子テニス事務局/撮影:藤江信雄(九州テニス協会 オフィシャル フォトグラファー)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]