マイページ

国内国際

本戦ドローが決定、1回戦でクルム伊達 vs 土居 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

  今年から闘いの舞台を大阪・靭から東京・有明に移した「JAPAN WOMEN'S OPEN 2015」(第7回大会/本戦9月14~20日、予選9月12、13日)の本戦ドローが決定した。

 「JAPAN WOMEN'S OPEN」は賞金総額25万ドルのWTAツアー格付け「インターナショナル」の大会で、本戦女子シングルス32名、女子ダブルス16組、予選女子シングルス32名で争われる。予選が本日12日より始まっている。

 本戦の第1シードは世界トップ10選手のカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)で、1回戦で104位のカテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)と対戦する。
 日本からは奈良くるみ(安藤証券)、土居美咲(ミキハウス)のほか、ワイルドカード(主催者推薦)出場のクルム伊達公子(エステティックTBC)と日比野菜緒(フリー)の4名が本戦に名を連ねる。このうち、土居とクルム伊達が1回戦で顔を合わせることになった。

土居美咲コメント「伊達さんは経験もあって、早い展開が得意という印象。自分のやれることをやって、ベストを尽くす」

クルム伊達公子コメント「(土居について)高校のときからポテンシャルのある選手だと思っていた。もっと早くトップ50に入ってもおかしくない選手。数少ない左利きで、スタミナもあって、フィジカルもいい。ただ、相手というよりも、自分がケガから少しずつよくなっている中で、今シーズン残されたチャンスに自分のテニスができるかということを考えながらプレーしたい」

奈良くるみコメント「自分のテニスを試合でできれば、トップの選手にも対等にできると思うし、自分のやれることをやったら勝ちにつながると思う」



【本戦】※名前の左数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WC=ワイルドカード(主催者推薦枠)

1カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)[1/WC] vs 2カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)

3ジャルミラ・ガジョソバ(オーストラリア)vs 4予選勝者

5カテリーナ・シニアコバ(チェコ)vs 6ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)

7ワン・チャン(中国)vs 8ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)[5]

----------


11日比野菜緒(日本/フリー)[WC] vs 12予選勝者

13クルム伊達公子(日本/エステティックTBC)[WC] vs 14土居美咲(日本/ミキハウス)

15ティメア・バボス(ハンガリー)vs 16アイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)[7]

----------

17クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)[6] vs 18ユリア・プティンセバ(カザフスタン)

19ボヤナ・ヨバノフスキー(セルビア)vs 20予選勝者

21予選勝者 vs 22イリーナ・ファルコーニ(アメリカ)

23ジェン・サイサイ(中国)vs 24アリソン・リスク(アメリカ)[4]

----------

25ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)[8] vs 26シェイ・スーウェイ(台湾)

27アンドレア・ミトゥ(ルーマニア)vs 28奈良くるみ(日本/安藤証券)

29マグダ・リネッテ(ポーランド)vs 30ローレン・デービス(アメリカ)

31キキ・バーテンズ(オランダ)vs 32 ザリナ・ディアス(カザフスタン)[2]


※トップ写真は公開ドロー抽選会に立ち会った奈良くるみ(右)と土居美咲(中央)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu