国内国際

伊藤竜馬と添田豪が決勝で対戦へ、ダブルスは松井/内山が優勝 [ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ/男子]

 愛知県・スカイホール豊田メインホールで開催されている「2014 ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ 」(本戦11月17~23日/賞金総額 4万ドル/インドア・カーペットコート)の本戦6日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われた。

 シングルスは第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)がチェン・ティ(台湾)を7-5 6-2、第2シードの添田豪(GODAIテニスカレッジ)が第4シードの杉田祐一(三菱電機)を7-5 6-4で下し、決勝はトップ2シードの対戦となった。

 ダブルスは松井俊英/内山靖崇(ASIA PARTNERSHIP FUND/北日本物産)が佐藤文平/ヤン・ツン フア(ライフ・エヌ・ピー/台湾)を7-6(6) 6-2で破り、優勝を飾った。

 内山はチャレンジャー大会では今年1月のマウイ(5万ドル/ハードコート)以来の通算2勝目。松井は昨年7月の北京(ハードコート)以来で通算5度目のタイトル獲得となった。

 この大会は国内で今年3会開催される、チャレンジャー(ATPツアー下部)大会の最終戦で、横浜・豊田と2大会連続開催される国内チャレンジャー・シリーズの第2戦となる。

 最終日となる11月23日(日)は11時から女子シングルス決勝が、そのあとに男子シングルス決勝が行われる予定となっている。


【シングルス準決勝】

○1伊藤竜馬(北日本物産)[1] 7-5 6-2 ●12チェン・ティ(台湾)

○32添田豪(GODAIテニスカレッジ)[2] 7-5 6-4 ●24杉田祐一(三菱電機)[4]


【ダブルス決勝】

○14松井俊英/内山靖崇(ASIA PARTNERSHIP FUND/北日本物産)7-6(6) 6-2 ●○8佐藤文平/ヤン・ツン フア(ライフ・エヌ・ピー/台湾)

左からダブルス準優勝のヤン・ツン フア、佐藤文平、優勝の松井俊英、内山靖崇


※[ ]数字はシード順位、名前の左に付いている数字はドロー番号

※トップ写真はシングルス決勝に進出した伊藤竜馬(左)と添田豪(右)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ


テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー (スイス)

2017.07.15

フェデラーがベルディヒを下して11度目の決勝進出 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」準々決勝で第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)との試合を右肘の故障により途中棄権した第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)。記者会見で休養を示唆した。

2017.07.13

ジョコビッチが長期の休養を示唆 [ウィンブルドン]

ロジャー・フェデラー

2017.07.14

【速報】ウィンブルドン第11日