マイページ

高校

大会最終日、個人戦シングルスは菊地裕太(相生学院3年)と平田歩(岡山学芸館3年)が優勝、菊地は3冠達成 [南東北インターハイ]

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会最終日、8月8日(火)は男女シングルス決勝および男女ダブルス決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は菊地裕太(相生学院3年)が田口涼太郎(大分舞鶴2年)を6-3 6-1で、女子シングルス決勝は平田歩(岡山学芸館3年)が輿石亜佑美(浦和麗明2年)を6-3 2-6 6-0で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は菊地/平川暉人(相生学院3年)が阿多竜也/丸山隼弥(相生学院2年/2年)を7-5 7-5で、女子ダブルス決勝は我那覇真子/前田優歩(沖縄尚学3年/2年)が吉岡希紗/原田真実子(四日市商2年/2年)を6-3 3-6 7-6(5)で倒してタイトルを獲得。菊地は団体戦と合わせ、インターハイ3冠を達成した。

「個人戦」は、単複ともにトーナメントで、シングルスは4回戦まで、ダブルスは準々決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。

◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】※名前の左に付いている数字はドロー番号、丸数字は学年

1菊地裕太③(相生学院)6-3 6-1 ●65田口涼太郎②(大分舞鶴)

------------

【女子シングルス決勝】

33平田歩③(岡山学芸館)6-3 2-6 6-0 ●112輿石亜佑美②(浦和麗明)

------------------------

【男子ダブルス決勝】

●1阿多竜也②/丸山隼弥②(相生学院)5-7 5-7 ○33菊地裕太③/平川暉人③(相生学院)

------------

8我那覇真子③/前田優歩②(沖縄尚学)6-3 3-6 7-6(5) ●57吉岡希紗②/原田真実子②(四日市商)

テニスマガジン/Tennis Magazine

高校テニス特集(南東北インターハイ)|テニスデイリー

関連キーワード
国内
高校
菊地裕太
輿石亜佑美

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

痛めた左手に苦しむデル ポトロ

2017.10.14

デル ポトロ、左手の負傷で病院へ[上海ロレックス・マスターズ]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

無気力試合を行ったキリオス

2017.10.11

キリオスが2年連続の無気力試合[上海ロレックス・マスターズ]