高校

男子は相生学院と東海大菅生、女子は相生学院と柳川が決勝進出 [第39回全国選抜高校テニス]

 「第39回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/団体戦:博多の森テニス競技場、個人戦:春日公園テニスコート、博多の森テニス競技場)は24日、男女団体準決勝が行われ、男子は相生学院(兵庫)と東海大菅生(東京)、女子は相生学院(兵庫)と柳川(福岡)が決勝に進出した。

 男子準決勝は、近畿1位の相生学院が関東1位の秀明八千代(千葉)を3勝1敗で、関東5位の東海大菅生が同3位の東京学館浦安(千葉)を3勝0敗で破って勝ち上がった。

 相生学院は2年ぶり5度目の決勝進出で、3度目の優勝を目指す。

 東海大菅生は3年ぶり2度目の決勝進出で、優勝すれば初優勝だ。

 一方、女子準決勝は、近畿1位の相生学院が関東2位の白鵬女子(神奈川)を3勝0敗で、九州1位の柳川が中国1位の野田学園(山口)を3勝0敗で破って勝ち上がった。

 相生学院は4年ぶり2度目の決勝進出で、男子と揃って優勝すれば、史上3校目のアベック優勝校となる。

 そのアベック優勝を2001年に果たしたのが柳川で、女子はそのとき以来、16年ぶり2度目の決勝進出を果たした。

 アベック優勝は柳川のあと、2006年に長尾谷(大阪)が果たしている。


※写真は「第39回全国選抜高校テニス大会」女子団体準決勝を戦った柳川(福岡/左)と野田学園(山口/右)。野田学園は大会連覇ならず、柳川は16年ぶり2度目の決勝進出。

関連キーワード
高校

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」で8度目、グランドスラムでは19度目の優勝カップを手にしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

「長い道のりだった」----フェデラーが記録破りの8度目タイトル獲得 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」で大会11度目の決勝、8度目の優勝を狙うロジャー・フェデラー(スイス)。対戦相手は大会初の決勝進出を果たしたマリン・チリッチ(クロアチア)

2017.07.16

フェデラー「もうすぐそこまできている」、ウィンブルドン史上最多の8度目の優勝を狙う

「ウィンブルドン」決勝で、足裏のマメに痛みにより治療を受けるマリン・チリッチ(クロアチア/右)と集中し続けるロジャー・フェデラー(スイス/左)

2017.07.17

チリッチは痛みと涙の狭間に「勝つ可能性があまりないとわかって...」 [ウィンブルドン]