マイページ

高校

3月20日(月)から開幕! 男子全出場校紹介[第39回全国選抜高校テニス大会]

 高校テニスの日本一を決める『第39回全国選抜高校テニス大会』(団体戦・博多の森テニス競技場、個人戦・博多の森テニス競技場、福岡県営春日公園テニスコート)が3月20日(月)に開幕する。天神中央公園で16時から開会式が行われ、その後、公開組み合わせ抽選会でドローが決定する。

[全国選抜高校テニス大会とは?]
 都道府県予選を勝ち上がった上位1校ないし2校(東京、神奈川、大阪、福岡)が、9地域に分かれて地区大会を戦い、順位を決定。その後、選考委員会が地区大会結果を含む選考基準に照らし合わせて男女各48校の代表校を決定した。

【男子出場校一覧】◎はシード校、( )数字は地区大会順位

北海道
(1)札幌藻岩(北海道)|3年連続32回目
(2)札幌日本大学(北海道)|2年連続17回目

東北
(1)日本大学山形(山形)|5年連続11回目
(2)東北学院(宮城)|2年連続6回目
(3)岩手(岩手)|5年連続16回目

関東
(1)秀明八千代(千葉)|5年連続8回目◎
(2)湘南工科大学附属(神奈川)|2年連続28回目
(3)東京学館浦安(千葉)|14年連続16回目
(4)浦和学院(埼玉)|2年ぶり27回目
(5)東海大学菅生(東京)|2年ぶり15回目
(6)早稲田実業(東京)|5年ぶり17回目
(7)慶應義塾(神奈川)|5年ぶり14回目
(8)川越東(埼玉)|6年連続7回目
(9)駿台甲府(山梨)|2年連続2回目
(10)文星芸術大学附属(栃木)|2年連続4回目
(11)足利工業大学附属(栃木)|2年ぶり17回目
(12)共愛学園(群馬)|2年ぶり3回目

北信越
(1)松商学園(長野)|19年連続24回目
(2)東京学館新潟(新潟)|3年連続13回目
(3)北陸(福井)|3年ぶり7回目
(4)金沢(石川)|3年ぶり7回目

東海
(1)名古屋経済大学市邨(愛知)|12年連続12回目◎
(2)名古屋(愛知)|24年連続29回目
(3)四日市工業(三重)|14年連続36回目
(4)県立岐阜商業(岐阜)|7年連続18回目
(5)静岡市立(静岡)|2年連続8回目

近畿
(1)相生学院(兵庫)|8年連続8回目◎
(2)清風(大阪)|39年連続39回目
(3)東山(京都)|14年連続26回目
(4)京都外大西(京都)|6年連続6回目
(5)平城(奈良)|12年ぶり3回目
(6)甲南(兵庫)|2年ぶり15回目
(7)光泉(滋賀)|9年連続11回目

中国
(1)岡山理科大学附属(岡山)|7年連続26回目
(2)岡山学芸館(岡山)|2年連続7回目
(3)崇徳(広島)|2年連続3回目
(4)広島なぎさ(広島)|初出場

四国
(1)高松北(香川)|2年連続23回目◎
(2)城南(徳島)|5年連続10回目
(3)新田(愛媛)|4年連続20回目

九州
(1)柳川(福岡)|8年連続38回目
(2)海星(長崎)|6年連続23回目
(3)大分舞鶴(大分)|11連続17回目
(4)鳳凰(鹿児島)|15年連続17回目
(5)沖縄尚学(沖縄)|3年ぶり8回目
(6)筑陽学園(福岡)|4年ぶり2回目
(7)宮崎大宮(宮崎)|23年ぶり6回目
(9)熊本工業(熊本)|31年ぶり2回目

高校の関連記事

PAGE TOP
menu