高校

女子個人戦は清水映里(山村学園)が2連覇を達成 [第38回全国選抜高校テニス]

 第38回全国選抜高校テニス大会(3月20~26日/団体戦、個人戦/博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート)の大会最終日、26日は男女個人戦の準決勝、決勝が3セットマッチで行われ、女子決勝で清水映里(山村学園)が堺愛結(相生学院)を6-1 6-2のストレートで下して優勝を決めた。

 清水は準決勝で団体優勝を飾った野田学園(山口)のエース山藤真帆に6-3 6-4のストレート勝利。決勝の相手は、準決勝で伊達摩紘(椙山女学園)に6-2 6-0で完勝した堺となった。

 センターコートで始まった女子決勝は、序盤から清水が圧倒した。スピンの効いたボールを左右に散らし、次々とポイントを重ねていく。堺は防戦一方となり、第1セットは清水が6-1で先取した。

 第2セットに入っても清水の勢いは止まらない。「大事なポイントでファーストサービスが入ったし、得意のフォアで攻撃できた」。一気の4ゲーム連取で4-0とリードを広げると、そこから2ゲームを失ったが、4-2からすかさず2ゲームを連取。チャンピオンシップポイントはフォアの逆クロスで決めた。

2連覇を決めた清水

 団体戦は2回戦で敗れたため、清水の個人戦は予選1回戦から始まった(※)。全8試合を危なげなく勝ち抜いた。松田美咲(浦和学院)との本戦4回戦は昨年の決勝カード。この大一番を8-5で制して勢いがついた。

 個人戦2連覇は、2007、08年の小城千菜美(長尾谷)に続いて2人目。昨年と今年、どちらの優勝がうれしいかという質問には「今年です」と答えた。「昨年は相手のミスを待つ展開が多かったけれど、今年は自分から仕掛けることができた」と満面の笑みを見せた。

 堺は本戦3回戦(※)からのスタートだったが、その初戦は0-5からの逆転勝利だった。準決勝は自分のプレーができたものの、決勝は焦りもあり、後手に回ってしまった。「もっとミスを減らしてネットにも出ていけるようにしたい」と課題を口にした。

(※解説)個人戦は各校シングルス1が出場でき、団体戦終了時点で個人戦ドローに名前が入る試合方式

準優勝の堺


【全米オープン・ジュニア男子派遣選手】※丸数字は学年

清水映里②(山村学園)

【日中韓ジュニア交流会男子出場選手】

堺 愛結②(相生学院)

山藤真帆②(野田学園)

伊達摩紘①(椙山女学園)

松田美咲②(浦和学院)

補欠◎下地奈緒②(沖縄尚学)


関連キーワード
高校
PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

大坂なおみ Photo:STUTTGART, GERMANY - APRIL 26: Naomi Osaka of Japan in action during her match against Johanna Konta of Great Britain during the Porsche Tennis Grand Prix at Porsche Arena on April 26, 2017 in Stuttgart, Germany. (Photo by Adam Pretty/Bongarts

2017.04.26

大坂なおみはコンタに3連敗で初戦突破ならず [ポルシェ・テニス・グランプリ]

全豪オープン優勝時のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)。ロッカールームで記念撮影

2017.04.27

セレナの妊娠公表は、うっかり事故がきっかけ

「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500)で大会10度目の優勝を目指すラファエル・ナダル(スペイン)

2017.04.27

「やっとなりたい自分になれた」とナダル [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

バルセロナ・オープンに出場することにした世界1位のアンディ・マレー(イギリス)

2017.04.26

急きょバルセロナ出場を決めた理由をマレーが語る [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

2017.04.26

本戦3日目が終了、女子シングルスと男子ダブルスのベスト4が出揃う [H29春季北信越学生]