マイページ

高校

男子団体は西宮甲英が清風を下して初出場初優勝 [近畿インターハイ]

 第72回全国高等学校対抗テニス大会および第105回全国高等学校テニス選手権大会(近畿インターハイテニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/マリンテニスパーク・北村)の大会3日目、男子団体は準決勝、決勝が行われた。決勝は、初出場の西宮甲英(兵庫)が清風(大阪)を2-0で下し、全国制覇を果たした。

   ◇   ◇   ◇

 地元の清風(大阪)と岡山理大附(岡山)の準決勝は2-1で清風が勝利した。シングルス2本で星を分け合い、勝敗の行方はダブルスにかかったが、清風の今村昌倫/小清水拓生の2年生ダブルスが6-3 7-6(3) で逃げきった。競り合いに強い岡山理大附のペースに見えたが、松村道則監督は「勝ちを意識し、普段通りの戦いができなかった」と肩を落とした。

岡山理大附は清風に1-2で惜敗

 もう一方の準決勝は、第1シードの四日市工(三重)と初出場の西宮甲英(兵庫)が対戦し、西宮甲英が2-1で接戦をものにした。四日市工はS2の鈴木保貴で先勝したものの、橋川泰典/大谷拓矢のダブルスをファイナルセットの末に落とし、頼みの島袋将清水悠太とのエース対決で逆転負け。西宮甲英が四日市工の2連覇を阻み、決勝へ駒を進めた。

ベスト4に終わった四日市工(左)

 13時からスタートした清風と西宮甲英の近畿対決は3面展開で同時スタート。先に日本一に王手をかけたのは西宮甲英だった。S2の白藤成が春原康佑を6-3 6-2のストレートで振りきった。「昨日の準決勝で負けてチームに迷惑をかけていたので、今日は絶対に勝とうと思っていた」と白藤。緊張感いっぱいの中、キャプテンの責任を見事に果たし、チームに勢いをもたらした。

先勝した西宮甲英の白藤

 それでも勝利の行方はまだわからなかった。S1、ダブルスの2試合はともにファイナルセットに突入し、清風にも逆転優勝のチャンスはあった。しかし、西宮甲英のエース・清水がそれを許さない。1年生とは思えない落ち着いた試合運びでポイントを重ねていく。一方、望月の疲労は色濃く、ファイナルセットは5-0と清水の一方的な展開となり、大勢が決した。

西宮甲英の小さなエース・清水

 西宮甲英の優勝を決めたのは、羽澤慎治/トゥロタージェームズの1年生ダブルスだった。7-6(3) 3-6 6-4。「緊張もあったけど、ファイナルセットは何とか自分たちで立て直すことができた」とトゥロタージェームズ。190㎝の長身から繰り出すサービス、強打には威力があり、羽澤も気持ちで引くことなく、前への意識が高かった。要所をしっかりと押さえ、至福の瞬間を味わった。

優勝を決めたトゥロタージェームズ(左)/羽澤

 優勝の感想を聞かれた西宮甲英の阿形昌弘監督は「女子の忘れものを取り返せた。その想いしかないです」と答えた。2009年の奈良インターハイ。阿形監督は女子団体決勝のベンチに座っていた。当時の学校名は駿台甲英だった。仁愛女子(福井)に敗れて準優勝。その後、男子の監督となり、初出場にして初優勝。決勝前は「楽しんでこい。勝たなくてもいいから、負けてくるな!」と独特の表現で選手をコートに送り出した。

 「団結力の勝利。通信制高校なのでメンバーが揃うことは少ないけど、揃ったときはみんながすごくまとまる」と白藤主将。清水が「1年生でS1(の重圧)は厳しかったけど、チャレンジャーの気持ちで思いきって戦うことができた」と優勝の喜びを語れば、阿形監督も「みんなでひとつになれた」と満面の笑みを見せた。

準優勝の清風メンバー

 清風は1991年以来、24年ぶりの優勝を狙ったが、最後に力尽きた。試合後、「もう忘れました」と富岡宏之監督は苦笑したが、「初出場、しかも決勝の大舞台であれだけ落ち着いて戦えるのはすごい」と勝者を称えた。エースの望月がストレート勝利を飾り、その勢いでダブルスのベンチに飛び込むのが日本一へのシナリオだったが、そうはならなかった。それでも最後の最後まであきらめない“清風魂”は十分に見せてくれた。


【男子団体決勝】※校名の左に付いている数字はドロー番号、丸数字は学年

25西宮甲英(兵庫) 2-0 46清風(大阪)
D ○羽澤慎治①/トゥロタージェームズ① 7-6(3)  3-6 6-4 ●今村昌倫②/小清水拓生②
S1 清水悠太① 3-6 6-3 5-3打切り 望月勇希
S2 ○白藤 成② 6-3 6-2 ●春原康佑③

【男子団体準決勝】

1四日市工(三重)1-2 25西宮甲英(兵庫)
D ●橋川泰典②/大谷拓矢③ 2-6 6-3 3-6 ○羽澤慎治①/トゥロタージェームズ①
S1 ●島袋 将③ 6-4 4-6 3-6 ○清水悠太
S2 ○鈴木保貴③ 7-5 6-4 ●白藤 成②

26岡山理大附(岡山)1-2 46清風(大阪)
D ●高坂裕也③/吉松瑞生③ 3-6 6-7(3) ○今村昌倫②/小清水拓生②
S1 ●楠原悠介③ 5-7 0-6 ○望月勇希
S2 ○合田健人③ 6-3 6-1 ●岡村拓人②

 大会4日目となる8月5日は個人戦がスタート。男子シングルス1~4回戦と女子ダブルス1~3回戦、準々決勝が行われる。男子の試合開始は9時~、女子は10時~の予定。

※トップ写真は表彰式での西宮甲英メンバー

テニスマガジン/編集部◎牧野 正)






高校の関連記事

PAGE TOP
menu