マイページ

大学

女子シングルス準決勝は清水vs押野、森崎vs江代の対決に [インカレ]

「平成29年度全日本学生テニス選手権大会(男子85回/女子61回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/予選8月3~5日、本戦8月7~13日/ハードコート)の本戦6日目、8月12日は男女シングルスと男女ダブルスの準々決勝が行われ、シングルス、ダブルスともにベスト4が決定した。

◇   ◇   ◇

 女子シングルス準々決勝、第4シード森崎可南子(3年)と第6シード牛島里咲(3年)の筑波大対決は激しい打ち合いとなった。第1セットは6-2で森崎が奪えば、第2セットは6-2で牛島が奪い返す。注目の大一番は予想通り、最終セットへ突入した。

 最終セットも序盤は一進一退の攻防が続いたが、抜け出した森崎が6-3で2時間25分の熱戦に決着をつけた。「部内戦は甘さが出て弱いんですが、今日はその甘さを闘争心に変えることができた」と森崎。第2セットは「雑な部分が出た」が、そこを「しっかりと修正して」勝利につなげた。

 第3シードの押野紗穂(慶応義塾大3年)はノーシードから勝ち上がった藤原夕貴(姫路大2年)に6-2 6-4で勝利した。一昨年はベスト16、昨年はベスト8、そして今年はシードを守っての4強入り。もちろん、これで満足はしていない。「優勝を目指して練習してきました。まだまだ、ここからです」と力強く語った。

20170812-10.jpg

(写真)ストレート勝利を飾った押野

 慶應義塾大の主将、第15シードの江代純菜(4年)もベスト4に駒を進めた。予選から快進撃を続ける鈴木葵(専修大3年)に6-1 6-2の快勝。「相手は予選からなので(疲れもあるので)第1セットをとって有利に進めたかった」と江代。炎天下の中、粘り強く戦う江代らしいテニスで勝利をもぎとった。

20170812-17.jpg

(写真)3年連続ベスト32の江代が4強へ

 ノーシードから勝ち上がった早稲田大の1年生、清水映里はこの日も勝利。第12シードの小松莉奈(東洋学園大3年)を6-3 6-1のスコアで退け、準決勝進出を決めた。「先に攻めることができた。先輩たちの応援も心強かった」と清水。「明日もチャレンジの気持ちを忘れずに戦いたい」と気持ちを引き締めた。

20170812-14.jpg

(写真)清水は1年生ながら準決勝へ

 明日の準決勝のカードは、清水vs押野、森崎vs江代となった。押野、森崎、江代の3人はダブルスでも4強入りを果たし、2冠の可能性が残されている。

 明日の大会第7日は、男女シングルス準決勝が10時からスタートし、そのあとに男女ダブルス準決勝が行われる予定。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、牛島(手前)を倒して4強入りを決めた森崎(筑波大)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

フェデラーの強さの秘訣を語るアンドレ・アガシ(今年のメキシコのイベントに参加したときのもの)

2017.12.05

アガシが「フェデラーは特別」。フェデラーの強さについて語る

写真は2017年全豪オープンテニスでの錦織圭

2017.12.07

錦織圭、復帰への心境を語る「なるべく早くトップに戻っていきたい」