大学

平田龍一(松山大2年)が2連覇、岡田優香(広島修道大1年)は単複2冠 [H28中国四国学生室内]

 「平成28年度 中国四国学生室内テニス選手権大会」(広島県・広域公園テニスコート/本戦1月7~10日)が開催され、男子シングルス決勝は竹田真教(岡山大学1年)が棄権したため不戦勝で第1シードの平田龍一(松山大学2年)の優勝が決定、女子シングルス決勝は第3~4シードの岡田優香(広島修道大学1年)が石川茉奈(香川大学2年)を6-2 6-1で下して優勝を飾った。平田は2連覇を果たした。

 男子ダブルス決勝は荻野斎(川崎医療福祉大学2年)/三宅亮太(山口大学2年)が藤井大貴(松山大学3年)/平田を6-4 7-5で、女子ダブルス決勝は岡田/平野友理(広島修道大学1年)が門屋沙織/武田真紀(松山大学2年/2年)を6-2 6-3で倒してタイトルを獲得。岡田は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、LLはラッキールーザー

◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○1平田龍一(松山大学)[1] 不戦勝 ●10竹田真教(岡山大学)

------------

【男子シングルス準決勝】

○1平田龍一(松山大学)[1] 6-1 6-0 ●7荻野斉(川崎医療福祉大学)

○10竹田真教(岡山大学)6-2 6-3 ●16永原賢造(広島大学)[2]

------------

【男子シングルス準々決勝】

○1平田龍一(松山大学)[1] 6-1 6-3 ●4井上友(広島大学)

○7荻野斉(川崎医療福祉大学)6-2 7-6(6) ●5井上省太(島根大学)[LL]

○10竹田真教(岡山大学)6-3 6-3 ●12三宅亮太(山口大学)

○16永原賢造(広島大学)[2] 6-1 2-6 6-1 ●14橘高凱(松山大学)

------------

【男子シングルス1回戦】

○1平田龍一(松山大学)[1] 6-1 6-1 ●2高橋 良輔(山口大学)

○4井上友(広島大学)6-1 6-2 ●3熊木隆(松山大学)

○5井上省太(島根大学)[LL] 6-4 3-6 6-2 ●6安村大地(福山平成大学)

○7荻野斉(川崎医療福祉大学)7-5 6-2 ●8山浦智輝(愛媛大学)

○10竹田真教(岡山大学)6-1 6-4 ●9畑中歳喜(岡山大学)[LL]

○12三宅亮太(山口大学)7-5 6-2 ●11村川裕太(松山大学)

○14橘高凱(松山大学)4-6 6-4 6-2 ●13藤井大貴(松山大学)

○16永原賢造(広島大学)[2] 3-6 6-2 6-1 ●15竹田恭教(山口大学)

------------------------

【女子シングルス決勝】

○5岡田優香(広島修道大学)[3-4] 6-2 6-1 ●12石川茉奈(香川大学)

------------

【女子シングルス準決勝】

○5岡田優香(広島修道大学)[3-4] 6-1 6-3 ●1安村未来(福山平成大学)[1]

○12石川茉奈(香川大学)3-6 6-1 6-4 ●16門屋沙織(松山大学)[2]

------------

【女子シングルス準々決勝】

○1安村未来(福山平成大学)[1] 不戦勝 ●4木原阿花理(島根大学)

○5岡田優香(広島修道大学)[3-4] 不戦勝 ●7猪川久瑠美(岡山大学)

○12石川茉奈(香川大学)6-1 6-4 ●10武田真紀(松山大学)

○16門屋沙織(松山大学)[2] 6-4 7-5 ●14遠山成美(岡山大学)

------------

【女子シングルス1回戦】

○7猪川久瑠美(岡山大学)6-3 7-6(4) ●8白川愛(松山大学)

○10武田真紀(松山大学)6-3 6-3 ●9島田紗希(福山平成大学)

○14遠山成美(岡山大学)6-1 6-4 ●13冨田明日香(島根大学)

------------------------

【男子ダブルス決勝】

○3荻野/三宅(川崎医療福祉大学/山口大学)6-4 7-5 ●6藤井/平田(松山大学)

------------

【男子ダブルス準決勝】

○3荻野/三宅(川崎医療福祉大学/山口大学)7-6(3) 6-3 ●1畑中/竹田(岡山大学)[LL]

○6藤井/平田(松山大学)6-3 6-0 ●7村川/渡邊(松山大学)

------------

【男子ダブルス1回戦】

○1畑中/竹田(岡山大学)[LL] 7-5 7-5 ●2竹田/高橋(山口大学)

○3荻野/三宅(川崎医療福祉大学/山口大学)6-4 6-0 ●4熊木/服部(松山大学/高知大学)

○6藤井/平田(松山大学)6-4 6-4 ●5武智/渋谷(松山大学)

○7村川/渡邊(松山大学)6-3 3-6 [12-10] ●8永原/日浦(広島大学)[2]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○1岡田/平野(広島修道大学)[1] 6-2 6-3 ●5門屋/武田(松山大学)

------------

【女子ダブルス準決勝】

○1岡田/平野(広島修道大学)[1] 6-2 6-4 ●3白川/石川(松山大学/香川大学)

○5門屋/武田(松山大学)6-4 6-1 ●8岩田(歩)/安村(広島修道大学/福山平成大学)[2]

------------

【女子ダブルス1回戦】

○3白川/石川(松山大学/香川大学)6-1 6-3 ●4遠山/河崎(岡山大学)

○5門屋/武田(松山大学)7-6(2) 6-2 ●6篠原/太田(広島大学/島根大学)


※トップ写真はシングルス優勝の平田龍一(松山大学2年/左)と岡田優香(広島修道大学1年)
写真提供◎中国四国学生テニス連盟

男子シングルス優勝の平田龍一(松山大学2年/左)と準優勝の竹田真教(岡山大学1年)


女子シングルス優勝の岡田優香(広島修道大学1年/左)と準優勝の石川茉奈(香川大学2年)


 

左側写真が男子ダブルス優勝の荻野斎(左)/三宅亮太(川崎医療福祉大学2年/山口大学2年)、右側写真が準優勝の藤井大貴(左)/平田龍一(松山大学3年/2年)


 

左側写真が女子ダブルス優勝の岡田優香(右)/平野友理(広島修道大学1年/1年)、右側写真が準優勝の門屋沙織(右)/武田真紀(松山大学2年/2年)


関連キーワード
大学
PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

錦織圭

2017.05.18

【速報】全仏オープン前哨戦! [BNL イタリア国際]18日

アレクサンダー・ズベレフ

2017.05.20

【速報】全仏オープン前哨戦! [BNL イタリア国際]20日

「ジュネーブ・オープン」(ATP250)に出場している第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス/右)と第2シードの錦織圭(日本/左)

2017.05.24

錦織が準々決勝へ、ワウリンカは水曜日が初戦 [ジュネーブ・オープン]

写真は「BNL イタリア国際」(ATP1000)でマスターズ初優勝を果たした20歳のアレクサンダー・ズベレフ Photo:ROME, ITALY - MAY 21: Alexander Zverev of Germany plays a shot against Novak Djokovic of Serbia during the final of The Internazionali BNL d'Italia 2017 at Foro Italico on May 21, 2017 in Rome,

2017.05.22

20歳のズベレフがジョコビッチを倒してマスターズ初制覇、ダブルスはエルベール/マウが優勝 [BNL イタリア国際]

「BNL イタリア国際」で準々決勝に進み、連勝記録を17に伸ばしたラファエル・ナダル(スペイン)

2017.05.19

ナダルがソックを倒して準々決勝進出、錦織はデル ポトロに敗退 [BNL イタリア国際]