国内ニュース

シングルスは松尾友貴、ダブルスは畠山成冴/逸﨑凱人が優勝 [第91回関東オープン/男子]

写真は男子シングルス優勝の松尾友貴(左)と準優勝の徳本翔(右) 写真提供◎関東テニス協会

「第91回 関東オープンテニス選手権大会」(東京・有明テニスの森公園テニスコート/本戦5月15~20日/賞金総額:男子150万円、女子100万円/ハードコート)が開催され、男子シングルス決勝は第1シード松尾友貴(橋本総業ホールディングス)が予選から勝ち上がってきた徳本翔(青山学院大学)を7-5 6-2で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は、第8シードの畠山成冴逸﨑凱人(ともに慶應義塾大学)が第1シードの佐野紘一飯野翔太(ともに伊予銀行)を6-4 4-6 [10-4]で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○1松尾友貴(橋本総業ホールディングス)[1] 7-5 6-2 ●37徳本翔(青山学院大学)[Q]

------------

【男子シングルス準決勝】

○1松尾友貴(橋本総業ホールディングス)[1] 1-6 6-2 7-5 ●18川上倫平(荏原湘南スポーツセンター)

○37徳本翔(青山学院大学)[Q] 6-4 2-6 6-2 ●57綿貫敬介(明治安田生命)[14]

------------

【男子シングルス準々決勝】

○1松尾友貴(橋本総業ホールディングス)[1] 6-4 6-3 ●12乾祐一郎(NBテニスガーデン)

○18川上倫平(荏原湘南スポーツセンター)6-3 6-3 ●32笹井正樹(フリー)

○37徳本翔(青山学院大学)[Q] 2-6 6-2 6-1 ●48岸僚太(橋本総業ホールディングス)[4]

○57綿貫敬介(明治安田生命)[14] 6-3 6-4 ●56田代悠雅(トップラン)[9]

------------------------

【男子ダブルス決勝】

○25畠山成冴逸﨑凱人(慶應義塾大学)[8] 6-4 4-6 [10-4] ●1佐野紘一飯野翔太(伊予銀行)[1]

------------

【男子ダブルス準決勝】

○1佐野紘一飯野翔太(伊予銀行)[1] 7-5 4-6 [10-7] ●9濱中重宏/金城光(ひばりヶ丘新豊テニスクラブ/アスリードTA)[3]

○25畠山成冴逸﨑凱人(慶應義塾大学)[8] 6-3 6-7(7) [10-7] ●18徳本翔/正林知大(青山学院大学/中央大学)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※トップ写真は男子シングルス優勝の松尾友貴(左)と準優勝の徳本翔(右)
写真提供◎関東テニス協会

kantoopen2017_MD.jpg
(↑)左から男子ダブルス優勝の畠山成冴逸﨑凱人、準優勝の佐野紘一飯野翔太

関東テニス協会|公式サイト

第91回関東オープンテニス選手権大会|JTAプレーヤーゾーン

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu