国内ニュース

本戦がスタート、全日本チャンピオンの綿貫陽介が今季初戦に勝利 [島津京都チャレンジャー]

 「第53回 島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)」(本戦2月20~26日/賞金総額:男子5万ドル/島津アリーナ京都/室内カーペットコート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦3試合とダブルス1回戦2試合が行われた。

 シングルスの日本勢は、内山靖崇(北日本物産)と綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)が2回戦に駒を進めたが、ワイルドカード(主催者推薦枠)の堀江亨(関スポーツ塾・T)は元世界ランク78位のブラジュ・ロラ(スロベニア)に4-6 3-6で敗れた。

 昨年の全日本選手権を制した18歳の綿貫は、今大会にワイルドカードで出場。2月第1週に行われたデビスカップのドイツ戦でもプレーしたヨリス・デ ルール(ベルギー)を6-4 3-6 7-6(9)で破り、今シーズンの初戦を勝利で飾った。

 ダブルスでは、第3シードのゴン・マオシン/ジャン・ザ(ともに中国)とルベン・ゴンサレス(フィリピン)/シェイ・チェン ペン(台湾)が初戦を突破した。

 シングルスは予選決勝も行われ、第1シードのロイド・ハリス(南アフリカ)、第3シードのクォン・スンウー(韓国)、ジミー・ワン(台湾)、エフゲニー・カルロフスキー(ロシア)の4人が本戦入りを決めている。

 2月21日(火)は女子の試合後10時30分以降に、シングルス1回戦9試合とダブルス1回戦4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

◇   ◇   ◇

【男子シングルス1回戦】

○12綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)[WC] 6-4 3-6 7-6(9) ●11ヨリス・デ ルール(ベルギー)

○14ブラジュ・ロラ(スロベニア)6-4 6-3 ●13堀江亨(関スポーツ塾・T)[WC]

○21内山靖崇(北日本物産)6-3 6-3 ●22マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)

--------------------

【男子ダブルス1回戦】

○5ゴン・マオシン/ジャン・ザ(中国)[3] 6-4 6-4 ●6マリン・ドラガニャトミスラフ・ドラガニャ(クロアチア)

○7ルベン・ゴンサレス/シェイ・チェン ペン(フィリピン/台湾)6-3 6-7(3) [10-7] ●8ブライデン・クライン/ルアン・ロウロフス(イギリス/南アフリカ)

--------------------

【男子シングルス予選決勝】

○1ロイド・ハリス(南アフリカ)[1] 6-3 7-6(7) ●8Prajnesh GUNNESWARAN(インド)[5]

○13エフゲニー・カルロフスキー(ロシア)7-5 6-0 ●9関口周一(Team REC)[2]

○17クォン・スンウー(韓国)[3] 7-5 6-4 ●21アレックス・ボルト(オーストラリア)

○29ジミー・ワン(台湾)6-1 6-2 ●26福田創楽(三菱電機)


※写真はシングルスの初戦を突破した全日本チャンピオンの綿貫陽介
写真提供◎京都府テニス協会

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu