国内ニュース

本戦がスタート、添田豪と吉備雄也が初戦を突破 [兵庫ノアチャレンジャー]

 「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月7~13日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦3試合とダブルス1回戦2試合および予選決勝4試合が行われた。

 シングルスの日本勢は、第6シード添田豪(GODAIテニスカレッジ)が関口周一(Team REC)を6-1 6-0で、吉備雄也(ノア・インドアステージ)はワイルドカード(主催者推薦枠)の高橋悠介(フリー)を6-2 6-7(4) 6-3で下して2回戦に駒を進めた。

 ダブルスでは、ダニエル・マズア(ドイツ)/アンテ・パビッチ(クロアチア)と綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)/綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)が初戦を突破した。

 予選決勝は第1シードのキム・チョンウィ(韓国)、第4シードのリー・クアンイ(台湾)、今井慎太郎(東通産業)、ワイルドカードの上杉海斗(慶應義塾大学)が勝ち上がり、本戦入りを決めている。

 11月8日(火)は11時00分から、シングルス1回戦8試合とダブルス1回戦3試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○24添田豪(GODAIテニスカレッジ)[4] 6-1 6-0 ●23関口周一(Team REC)

○25チョン・ヒョン(韓国)[5] 6-1 6-3 ●26ホン・ソンチャン(韓国)

○29吉備雄也(ノア・インドアステージ)6-2 6-7(4) 6-3 ●30高橋悠介(フリー)[WC]

--------------------

【ダブルス1回戦】

○9ダニエル・マズア/アンテ・パビッチ(ドイツ/クロアチア)7-6(5) 6-3 ●10ローラン・ロコリ/アクセル・ミション(フランス)

○11綿貫陽介綿貫裕介(グローバルプロテニスアカデミー/橋本総業ホールディングス)[WC] 2-6 6-3 [11-9] ●12ペン・シェンイン/内山靖崇(台湾/北日本物産)[3]

--------------------

【シングルス予選決勝】

○1キム・チョンウィ(韓国)[1] 6-1 6-3 ●8セルゲイ・ベトフ(ベラルーシ)[7]

○15上杉海斗(慶應義塾大学)[WC] 6-3 1-6 6-2 ●10島袋将(早稲田大学)

○19今井慎太郎(東通産業)6-3 6-3 ●24竹内研人(北日本物産)[6]

○25リー・クアンイ(台湾)[4] 6-1 4-6 6-3 ●29望月勇希(中央大学)


※写真はシングルス2回戦に進出した吉備雄也
写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会

国内ニュースの関連記事

PAGE TOP
menu