国内ニュース

昨年準優勝の林(早大3年)が接戦を制して8強入り [インカレ室内]

 大阪府吹田市・江坂テニスセンターで開催中の「平成27年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第52回)」(本戦12月3~6日/室内ハードコート)。本戦1日目の女子はシングルス1回戦8試合、ダブルス1回戦4試合が行われた。

 昨年のファイナリストで第2シード林恵里奈(早稲田大3年)は村瀬早香(慶應義塾大2年)に5-7 7-6(4) 7-5のスコアで勝利した。どのセットも競り合い、一進一退の攻防が続いたが、最後は林に勝利の女神が微笑んだ。

「いいかたちでポイントを取ろうと思い過ぎて空回りしてしまった」と林。勝っても少し納得がいかない表情で、「自分はまだ、こんなもの」と反省しきりだったが、タイトルへの想いは強い。「昨年の準優勝は悔しかった。あと一歩が大きな差なので」。早大の新主将にもなり、全国タイトルへ意欲を燃やす。

 女子シングルスの第1シードは加治遥(園田女子大3年)。1回戦は牛島里咲(筑波大1年)を相手に6-3 6-3でストレート勝利を飾った。「集中して試合に臨めたし、しっかりと前に入って打つことができた」と試合を振り返った。

 インカレ室内は3年連続の出場。1年生のときがベスト4、2年生の昨年は1回戦で優勝した久次米夏海(山梨学院大3年=当時)に敗れている。「優勝したい気持ちはあるが、ひとつずつ、目の前の試合をしっかりと戦っていきたい」と加治。課題だったサービス力もアップし、着実に力をつけている。明日の2回戦は、またも1年生、押野紗穂(慶應義塾大)との対戦となる。

女子第1シードの加治

 第3シードの伊藤遥(関西学院大3年)は細沼千紗(早稲田大2年)を6-2 6-4で退けたが、第4シードの寺見かりん(山梨学院大3年)は予選から勝ち上がってきた上唯希(早稲田大1年)に2-6 4-6で敗れた。1年生は上のほかに押野、そして森崎可南子(筑波大)の3人が勝利を収め、ベスト8に進んだ。

初戦敗退となった寺見

 明日4日の本戦2日目は男女ともにシングルス準々決勝4試合、ダブルス準決勝2試合が予定されている。

※トップ写真は、2年連続で初戦突破の林


国内ニュースの関連記事

PAGE TOP
menu