4時間の接戦を制したククシュキンとシュワルツマンの勝利で1勝1敗 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ カザフスタン対アルゼンチン]

デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「カザフスタン対アルゼンチン」(カザフスタン・アスタナ)のシングルス第1試合でギド・ペラ(アルゼンチン)を倒したミカエル・ククシュキン(カザフスタン)(写真◎Getty Images/全米で撮影)

 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「カザフスタン対アルゼンチン」(9月15~17日/カザフスタン・アスタナ/室内ハードコート)の初日は、1勝1敗のイーブンで終了した。

 カザフスタンのベテラン、ミカエル・ククシュキンは、ギド・ペラに対し第1セットを落としたが、そこから奮起し、4時間近い戦いの末にシングルス第1試合を6-7(5) 7-6(5) 6-2 6-4でものにした。

 ペラは最初の2セットで安定した強さを見せていたが、その後ミスが多くなり、第4セットには、ククシュキンの14本に対し、23本のアンフォーストエラーをおかした。

 一方、世界28位のアルゼンチン人、ディエゴ・シュワルツマンは、シングルス第2試合で、196位のドミトリー・ポプコを2時間もかけずに6-4 6-2 6-2で下した。

 アルゼンチンは昨年の優勝者だったが、1回戦でイタリアに敗れ、プレーオフに回っていた。

 昨年ワールドグループから降格していたカザフスタンは、中国を下してプレーオフに至った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「カザフスタン対アルゼンチン」(カザフスタン・アスタナ)のシングルス第1試合でギド・ペラ(アルゼンチン)を倒したミカエル・ククシュキン(カザフスタン)(写真◎Getty Images/全米で撮影)
Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 01: Mikhail Kukushkin of Russia returns a shot to Lucas Pouille of France on Day Five of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 1, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu