ボレッリ/セッピが大接戦を制してイタリアが1勝目、最終日へ望みをつなぐ [デ杯ベルギー対イタリア]

 デビスカップ・ワールドグループ準々決勝「ベルギー対イタリア」(4月7~9日/ベルギー・シャルルロワ/室内ハードコート)は8日、ダブルスが行われ、シモーネ・ボレッリアンドレアス・セッピ(イタリア)がルベン・ビーママンズヨリス・デ ルール(ベルギー)を4-6 6-3 6-4 3-6 7-6(6)のフルセットにもつれる大接戦の末に下した。試合時間は3時間50分。

 7日に行われたシングルスで2勝のベルギーが王手をかけていたが、イタリアは1勝目を挙げて勝敗を最終日にもち込んだ。

 緊迫感の高まった第3セットで、ボレッリ/セッピ(イタリア)は自動ライン判定の末に7本目のセットポイントをものにした。第4セットではビーママンズ/デ ルール(ベルギー)が数少ないブレークチャンスを生かして最終セットに突入した。

 第5セットではイタリア・ペアが最初にブレークに成功して5-2とリードしたが、第9ゲームではベルギー・ペアがブレークバックに成功。その後のタイブレークでは、ベルギー・ペアが6-5とリードしマッチポイントを握っていたが、そこからイタリア・ペアが3ポイントを連取してこの試合に勝利した。

 日曜日のリバースシングルス2試合(初日のシングルス2試合の対戦相手を入れ替えて行う)では、エース対決でダビド・ゴファン(ベルギー)がパオロ・ロレンツィ(イタリア)と、そのあとスティーブ・ダルシー(ベルギー)がセッピと対戦することになる。ゴファンとロレンツィは2014年に初対戦しており、そのときはゴファンに軍配が上がっている。(C)AP

※写真は全豪オープンでのアンドレアス・セッピ
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 18: Andreas Seppi of Italy plays a backhand in his second round match against Nick Kyrgios of Australia on day three of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 18, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu