ジョコビッチとトロイツキが快勝、スペインはナダル不在 [デ杯セルビア対スペイン]

 デビスカップ・ワールドグループ準々決勝「セルビア対スペイン」(4月7~9日/セルビア・ベオグラード/室内ハードコート)は7日、シングルス2試合が行われ、セルビアが2勝を挙げた。

 第1試合では、右肘の故障から復活したノバク・ジョコビッチ(セルビア)がアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-3 6-4 6-2で退けた。ジョコビッチは「今日は本当にいいプレーができてよかった。特にサーブの調子がよかった」と試合を振り返った。ジョコビッチは右肘故障のため、先日行われたマイアミ・オープン(ATP1000/ハードコート)を欠場していた。

 ジョコビッチの勝利に続き、第2試合ではビクトル・トロイツキ(セルビア)がパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)に6-3 6-4 6-3と快勝した。スペインは14度グランドスラム・タイトルを獲得しているラファエル・ナダル、同国2位のロベルト・バウティスタ アグートが欠場している。

 土曜日に行われるダブルスには、セルビアはプレーヤー兼監督のネナド・ジモニッチとトロイツキがペアを組み、スペインがマルク・ロペスと19歳のジャウム・ムナールのペアが出場する。トロイツキ/ジモニッチ組が勝てば、セルビアは9月に行われる準決勝でフランスとイギリスの勝者と対戦する。(C)AP

※写真はデビスカップ・ワールドグループ準々決勝「セルビア対スペイン」戦に出場した世界2位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)。右はネナド・ジモニッチ(プレーヤー兼監督)
Photo: BELGRADE, SERBIA - APRIL 07: Serbia's Novak Djokovic (C) is seen before competing against Spain's Albert Ramos-Vinolas (not seen) during the Davis Cup World Group quarterfinals single match between Serbia and Spain at the 'Aleksandar Nikolic' sports hall in Belgrade, Serbia on April 7, 2017. (Photo by Aleksandar Kokovic/Anadolu Agency/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu