故障中のマレーが準々決勝を欠場 [デ杯フランス対イギリス]

 イギリスのアンディ・マレーは肘の故障のため、来月に行われる対フランス戦のデビスカップ・ワールドグループ準々決勝を欠場することになった。マレーは練習の際にこの故障を負い、ごく最近マイアミ・オープンへの出場を取り消していた。

 デ杯イギリス代表監督のレオン・デービスは、「チームにアンディを欠くというのは言うまでもなく大きな喪失だが、もっとも重要なのは彼ができるだけ早く回復し、健康で完全な体調に戻れるよう願うことだ」と言う。

 ダニエル・エバンズカイル・エドマンドジェイミー・マレー、そしてドミニク・イングロットがイギリス代表メンバーとして、4月7日から9日までフランス・ルーアンのクレーコート上で行われる対フランス戦に臨むことになる。(C)AP

※写真はデビスカップ準々決勝「フランス対イギリス」戦を欠場することになったイギリスのアンディ・マレー(写真はインディアンウェルズでのもの)
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 11: Andy Murray of Great Britain shows his dejection during his straight sets defeat by Vasek Pospisil of Canada in their second round match during day six of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 11, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu