フランスが室内クレーコートでイギリスを迎え撃つことに [デ杯フランス対イギリス]

 デビスカップ・ワールドグスープ準々決勝「フランス対イギリス」は4月7日から9日に、北フランス・ルーアンの室内クレーコートで行われることになった。
 
 5000人の観客を収容できるルーアンのパレ デ スポーツで行われる。キンダレナの名で知られるこの施設は、2013年にフランスがイスラエルに勝ったときにも会場となった。
 
 1回戦でフランスは日本と東京で戦い、4勝1敗で倒してベスト8に進出した。一方のイギリスはカナダとオタワで戦い、3勝2敗で勝っている。

 フランスは2年前の準々決勝の際には、クイーンズ・クラブのグラスコートの上でイギリスに敗れていた。その年、イギリスは最終的にデビスカップに優勝。一方、フランスの最後の優勝は2001年まで遡る。
 
 デ杯優勝10回のイギリスは、優勝9回のフランスとの対戦成績で12勝9敗とリードしている。しかし、両国がクレーコート上で対戦するのは1978年以来のこととなる。(C)AP

※写真はデビスカップ・ワールドグループ1回戦を戦ったフランス代表メンバー。左からマウ、プイユ(控え)、シモン、ガスケ、エルベール、後方がノア監督。
Photo:TOKYO, JAPAN - FEBRUARY 4: Captain of Team France Yannick Noah, Nicolas Mahut, Lucas Pouille, Gilles Simon, Richard Gasquet, Pierre-Hughes Herbert of France celebrate winning the doubles match and the tie 3-0 on day 2 of the Davis Cup World Group first round tie between Japan and France at Ariake Coliseum (Ariake Colosseum) on February 4, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu