デ杯デビューのトンプソンが2勝 [デ杯オーストラリア対チェコ]

 デビスカップ・ワールドグループ1回戦「オーストラリア対チェコ」(2月3~5日/オーストラリア・クーヨン/ハードコート)の最終日は、すでに3勝を挙げて勝利を決めたオーストラリアが残るシングルス2試合を1勝1敗とし、合計4勝1敗の対戦成績で締めくくった。オーストラリアは準々決勝でアメリカと対戦する。
 
 メルボルン郊外のクーヨン・テニスクラブで初めてデ杯の舞台を踏んだ22歳のジョーダン・トンプソン(オーストラリア)が初日に続いてこの日もシングルスを戦い、ヤン・サトラル(チェコ)を7-6(5) 6-2で倒した。続く試合では、イリ・ベセリ(チェコ)がサム・グロス(オーストラリア)を3-6 7-5 6-3で下してチェコがこの対戦唯一の勝利を挙げ、一矢を報いた。
 
 オーストラリアは初日のシングルスで2勝を挙げ、土曜日のダブルスに勝った時点ですでに勝利を決めていた。そのため日曜日のシングルスは消化試合となり、オーストラリアのレイトン・ヒューイット監督はニック・キリオスからサム・グロスに変更した。

 グロスは第2セットで自分のサービスをキープすれば勝利というところまでこぎつけたが、このゲームで2度ダブルフォールトをおかしてベセリに巻き返しのきっかけを与えてしまう。ベセリはつかんだ足掛かりを逃さず勝負を最終セットにもち込んで、チェコの0勝5敗を避けるための貴重な1勝をつかむことに成功した。
 
 オーストラリアは4月5日から7日に行われる準々決勝をホームで開催することができ、そこにアメリカを迎え撃つことになる。

 アメリカはスイスと1回戦を戦い、ジャック・ソックスティーブ・ジョンソンのペアが土曜日のダブルスで3勝目を挙げて準々決勝進出を決めた。
 
 オーストラリアは昨年、アメリカに対してやはりホームのグラスコートの上で敗れている。それだけにヒューイット監督は厳しい対戦を予想している。
 
 「彼らは本当に手強い相手になるだろう。アメリカは4人の非常にいいシングルスプレーヤーを擁しており、その上で彼らをうまく組み合わせてよいダブルス・ペアをつくることもできる」とヒューイットは話し、強い警戒心を見せていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はデビスカップ・ワールドグループ1回戦「オーストラリア対チェコ」戦でデ杯デビューを飾り、2勝を挙げてチームの準々決勝進出に貢献したオーストラリアのジョーダン・トンプソン
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - FEBRUARY 05: Jordan Thompson of Australia celebrates a win in his singles match against Jan Satral of Czech Republic during the first round World Group Davis Cup tie between Australia and the Czech Republic at Kooyong on February 5, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Robert Prezioso/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu