ロレンツィとセッピが連勝し、昨年優勝国アルゼンチンは崖っぷち [デ杯アルゼンチン対イタリア]

 デビスカップ・ワールドグループ1回戦「アルゼンチン対イタリア」(2月3~5日/クレーコート)は、昨年優勝国のアルゼンチンがブエノスアイレスでのホーム開催の初日に2敗を喫し、いきなりイタリアにリードを奪われる展開となった。

 アルゼンチンは同国上位2選手、フアン マルティン・デル ポトロ(単38位)とフェデリコ・デルボニス(単49位)の昨年優勝メンバーを欠いての戦いとなっている。
 
 第1シングルスでパオロ・ロレンツィ(イタリア)がギド・ペラ(アルゼンチン)を6-3 6-3 6-3で下し、第2シングルスではアンドレアス・セッピ(イタリア)がカルロス・べロック(アルゼンチン)を6-1 6-2 1-6 7-6(6)で倒した。

 これによりイタリアは早ければ土曜日のダブルスでアルゼンチンをノックアウトすることも可能なポジションに立った。ダブルスは、アルゼンチンがレオナルド・メイヤー(複147位)とディエゴ・シュワルツマン(複118位)、イタリアはセッピ(単68位、複132位)とシモーネ・ボレッリ(複150位)が出場予定。(テニスマガジン)

※写真はデビスカップ・ワールドグループ1回戦「アルゼンチン対イタリア」戦のシングルスで勝利をあげたイタリアのパウロ・ロレンツィ(写真は2016年中国の大会でのもの)
Photo: SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 11: Paolo Lorenzi of Italy celebrates a point during the match against Guillermo Garcia-Lopez of Spain on Day 3 of the ATP Shanghai Rolex Masters 2016 at Qi Zhong Tennis Centre on October 11, 2016 in Shanghai, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu