2日で3試合でも大丈夫とセレナが闘志満々 [フェド杯ワールドグループ・プレーオフ]

 4月18日と19日に各地で開催される「フェドカップ・ワールドグループ」のプレーオフ。アメリカは敵地イタリアのクレーコートでワールドグループ復帰を賭けて戦うことになっている。

 今季、実質無敵状態のアメリカのセレナ・ウイリアムズ。この週末のセレナは遅いクレーコートの上で、敵地の観客たちを前にして2日間で最大3試合を戦う可能性がある。

 「彼女はクレーコート・シーズンのスタートと全仏オープンに向けて、準備する機会を得られたと喜んでいると思う」とアメリカのメアリー ジョー・フェルナンデス監督は火曜日にAP通信の取材に対して話している。

 ビーナス・ウイリアムズが個人的な問題のため出場を辞退した結果、セレナのほか、45位のアリソン・リスク、57位のローレン・デービス、65位のクリスティーナ・マクヘイルなどのメンバーに期待が集まっている。

 セレナは2試合のシングルスと、2勝2敗だった場合、最後のダブルスにも起用を考えているという。

 セレナは今季まだ1試合にしか負けていないが、それも先月のインディアンウェルズでの準決勝を膝の故障で棄権したための敗戦。今季は全豪オープンで19度目となるグランドスラム優勝を果たし、マイアミの大会でも優勝するなど好調だ。

 「ここまでの彼女はいいプレーをしてきているし、マイアミの決勝のプレーはとてもよかった」とフェルナンデス監督。「クレーが大好きな彼女がグランドスラムで一番勝てていないのが全仏オープンだというのが、今はおかしな感じと思えるわ。彼女はチャレンジすることが大好きだし、ホームのフェド杯でも彼女は、私たちに“クレーでプレーできる?“と聞いてくるのよ。だから私たちは“本当にクレーでプレーしたいの?”と聞き返しているわ」。

 セレナのフェド杯での戦績はシングルスで11勝0敗、ダブルスでは3勝0敗だ。今季の初めにもクレーではアルゼンチンと対戦し、209位のマリア・イリゴエンを7-5 6-0で下している。

 だが、イタリアは強敵だ。この6年間で4度戦ったアメリカ戦では全勝。2009年と10年の決勝ではいずれもイタリアが勝って優勝している。

 イタリアチームは15位のサラ・エラーニ、26位のフラビア・ペンネッタ、36位のカミラ・ジョルジ、55位のカリン・クナップというメンバーだ。ロベルタ・ビンチを右肘の故障で欠いているが、ペンネッタの地元での開催で、闘志満々だろう。

 「相手チームはこの5、6年間は本当に素晴らしい状態だと思う」とフェルナンデス監督。「彼女たちのチームの強さは奥深く、そして多彩さがある」。

 マクヘイルとデービスはチャールストンの大会でいずれもベスト8。両者のいずれかがシングルスの2番目の位置に入る見込みだ。

 「クリスティーナ(マクヘイル)はいつもフェド杯ではいいプレーを見せているし、クレーコートも得意としている」とフェルナンデス監督は言う。「アリ(アリソン・リスク)はもっと速いコート向きだけれど、素晴らしいダブルスの能力がある。ローレン(デービス)は前週のクレーの大会でとてもいいプレーをしていた。(ユージェニー)ブシャールを倒したりして自信もつけている」。

 フェルナンデス監督は現在17位のマディソン・キーズと39位のスローン・スティーブンスにも出場を打診したというが、両者ともに辞退したのだという。

 フェルナンデス監督にとって、両者の辞退は特に目新しいことではないが、13人のアメリカ人女子がトップ100に居ることは素晴らしいことだと考えているという。

 「私が6年前に監督を始めた頃は、トップ100に3人しかいなかった」とフェルナンデス監督。「この先の5年はもっとたくさんの可能性が出てくると思う。先が楽しみだわ」。(C)AP

Photo:KEY BISCAYNE, FL - APRIL 04: Serena Williams celebrates after winning the Women's Final of the Miami Open presented by Itau against Carla Suarez Navarro of Spain during Day 13 at Crandon Park Tennis Center on April 4, 2015 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Mike Ehrmann/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu