デ杯史上最長の6時間42分の激闘を制したメイヤーがアルゼンチンに2勝目をもたらす [デ杯ワールドグループ]

 3月6日から8日にかけて、各地で開催された「デ杯ワールドグループ1回戦」。
 
 アルゼンチン対ブラジルの対戦はアルゼンチン・ブエノスアイレスのレッドクレーで行われた。

 3日目のリバースシングルスで、アルゼンチンのレオナルド・メイヤーがブラジルのジョアン・ソウザを7-6(4) 7-6(5) 5-7 5-7 15-13のスコアで破って、アルゼンチンが2勝2敗のタイに戻した。メイヤーが試合を決めたのは11本目のマッチポイントのことだった。

 試合時間は6時間42分。男子ツアーにおけるクレーコートで行われた試合としては史上最長となった。この試合の影響で第5試合は日没サスペンデッドとなり、アルゼンチンのフェデリコ・デルボニスがブラジルのトーマス・ベルッチに対して6-3と第1セットを取った時点で月曜日に順延された。

 デ杯におけるこれまでのシングルスの最長試合は、アメリカのジョン・マッケンローとスウェーデンのマッツ・ビランデルが戦った1982年の試合で6時間22分だった。タイブレークが導入されて以降では、1989年にオーストリアのホルスト・スコッフとスウェーデンのビランデルの間で戦われた6時間4分だった。

 男子ツアーでのクレーコートでの最長試合は、2004年全仏オープンでファブリス・サントロ(フランス)とアルノー・クレメン(フランス)が2日間以上に渡って戦った6時間33分だった。

 テニス史上での最長試合は、2010年ウィンブルドンでジョン・イズナー(アメリカ)とニコラ・マウ(フランス)の間で戦われた11時間5分。また、デ杯史上最長の試合としては、2013年にチェコのトマーシュ・ベルディヒルーカシュ・ロソルのペアがスイスのマルコ・キュードネリとスタン・バブリンカのペアを倒した7時間2分のダブルスの試合がある。

 10本目のマッチポイントを逃したメイヤーは最終的にはソウザのサービスゲームを14-13のときにブレークして試合を終わらせたが、勝利の瞬間のメイヤーはそのままコートに崩れ落ち、観客やチームメイトたちからの大きな声援に包まれていた。

 「僕たちはチームで、必要なのは信頼なんだ」とメイヤーは泣きながら話している。この試合は第5セットだけで2時間30分を要した。

 メイヤーは5-4のときには3本、9-8のときには2本、12-11のときには4本のマッチポイントがあった。

 75位のソウザには6-5でサービング・フォー・ザ・マッチの場面があったがこれを生かせず、すぐにブレークバックされてチャンスを逃した。
 
 ブラジルは2001年以来となるデ杯のベスト8を目指しての今年。当時は3度の全仏オープン・チャンピオンのグスタボ・クエルテンを擁していた。

 アルゼンチンは2013年にベスト4に進出。しかし、昨年はワールドグループ・プレーオフに落ちていた。2010年以来、毎年ベスト4に進んでいたアルゼンチンだったが、昨年は1回戦でイタリアに敗れている。

 ブラジルとアルゼンチンはともに初のデ杯制覇を目指している。アルゼンチンは1981年、2006年、2008年と2011年に準優勝。ブラジルに決勝進出の経験はなく、1992年と2000年にベスト4に進出したのが最高成績となっている。(C)AP

Photo:BUENOS AIRES, ARGENTINA - MARCH 08: Leonardo Mayer of Argentina celebrates after winning a singles match between Leonardo Mayer of Argentina and Joao Souza of Brazil as part of Davis Cup 2015 match between Argentina and Brazil at Tecnopolis on March 08, 2015 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Gabriel Rossi/LatinContent/Getty Images)

デビスカップ/フェドカップの関連記事

PAGE TOP
menu