マイページ

アイテム

通信機能搭載『Babolat Play ピュア ドライブ ジャパンリミテッド』9月1日より数量限定発売

 ダンロップスポーツ(株)と日本での販売総代理店契約(ウェアを除く)を結ぶバボラVS社(本社◎フランス、社長◎エリック・バボラ)は、通信機能搭載のテニスラケット『バボラプレイピュア ドライブ ジャパンリミテッド』を9月1日より数量限定で発売する(※1)。価格はラケットに通信機能が内蔵されて7万円+税。このラケットは、世界で初めてITF(国際テニス連盟)の公認を得ており、公式戦での使用が可能となっている。



『Babolat Play(バボラプレイ)ピュア ドライブ』は、グリップ部分にセンサーを内臓。スマートフォンやパソコン等の端末機器にワイヤレス接続をすることで、ストローク、サービス、スマッシュといったプレー内容をグラフや数値で可視化することができる。データは、インターネットを通じて世界中のユーザーと共有することが可能で、登録をすれば自分の世界ランキングを確認したり、他のユーザーや一流プロと自分の技量を比較することもできる。


グリップエンドで電源をON/OFF、Bluetoothを使ってデータを転送する。充電はUSBケーブルを使い、連続プレーは6時間を想定


各ショットの内訳などのデータを見ることができる専用アプリケーション『babolat Play』(※2)をGoogle PlayストアおよびAPPストアにて無償提供



『バボラプレイ ピュア ドライブ ジャパンリミテッド』でできること

(1)「PULSE(パルス)」画面でプレーの全体像を把握できる



(2)「分析」画面で過去のプレー内容を詳細に分析できる





(3)「スキル」画面で自分のレベルを確認できる



(4)「コミュニティ」画面で自分の世界ランキングを確認できる




 それぞれのプレーを分析する基準には、バボラ契約選手(世界ランキング20位以内)のプレーを解析したものを採用している。

『Babolat Play 』の搭載ラケットがITFの公認を取得したことによって、2014年1月1日より公式戦での使用が可能となっている。2013年全豪ジュニア優勝のアナ・コンニュ(クロアチア)は、今年6月に行われたウィンブルドンで『Babolat Play ピュア ドライブ』を使用し、3回戦に進出。試合を分析し、今後の戦略を練るための有効なアイテムであることを選手自身が証明している。

(※1)販売しない店舗もあります。商品取扱店はこちらでご確認ください。『Babolat Play ピュアドライブ』取扱店舗 

(※2)『バボラプレイピュア ドライブ ジャパンリミテッド』使用上のシステム必要条件について

【WEBブラウザ】IE8以降、Firefox、Safari5以降、Chrome

【PC】MACの場合→Macintosh:USBポート付き、OSXバージョン10.5.8以降、Windowsの場合→Windows7、8、Vista、XP

【スマートフォン・タブレット】Bluetooth2.1に対応しているモバイル機器(iOSとアンドロイドのみ対応)

上がジャパン・エデョション


バボラVS社 エリック・バボラ氏のコメント

「通信機能搭載ラケットはテニスの歴史に大きな変化をもたらそうとしています。『バボラプレイ ピュアドライブ』はその始まりです。テニスにおいてデジタルツールでさまざまな分析をすることは、今後新しい標準になってくるでしょう。近い将来、すべてのラケットが通信機能搭載となるに違いないと私は確信しています」

『Babolat Play』公式ホームページ 

『Babolat Play ピュアドライブ』取扱店舗 



『Babolat Play ピュア ドライブ ジャパンリミテッド』



【ラケットの仕様】

品名◎バボラプレイ ピュア ドライブ ジャパンリミテッド(通常の『ピュア ドライブ』と同じスペック)

長さ◎27.0インチ 
フェースサイズ◎100平方インチ
ウェイト(フレームのみ)◎300g(±7)
フレックス◎RA72(±3)
バランスポイント◎320mm(±7)
フレーム厚◎23.0~26.0mm
素材◎グラファイト
ストリングパターン◎メイン16本×クロス19本
グリップサイズ◎2


【その他の仕様】

付属品◎ラケットカバー、専用USBケーブル、クイックスタートガイド

バッテリー◎タイプ:リチウムポリマー電池1、公称電圧:3.7V

接続時間◎約6時間(プレーを連続する場合)

メモリ容量◎約150時間分

耐久性◎防水加工(小雨でのプレーは問題ありません)〈注意事項〉激しい雨のときは使用を控えてください。この商品を水に浸すことはやめてください。電気回路やセンサーに支障をきたします。

防塵性◎オムニコートおよびクレーコート周辺で、グリップエンドカバーを開けないでください。ほこりがUSBポートに入り、正常に動作しなくなる可能性があります。

チューンアップ上の注意◎重量を変えるために、グリップを開けて改造しないでください。ラケットヘッドに鉛テープを貼ることはできます。〈注意事項〉「パワー」の計測は、ラケットのヘッドスピードを元に計測されます。重量を上げるとヘッドスピードの計測値が遅くなります。

保証期間◎1年間

その他◎ストリング(エクセル)張り上げです。


問い合わせ先◎ダンロップテニスナビ 


人気記事ランキング

PAGE TOP
menu