コンテンツ

第45回テニマガ・テニス部~テニスのためのボディワークレッスン『手塚一志先生のテニスアスリート体操 全10種目にトライ!』参加者募集


テニマガ・テニス部 部活プログラム
第45回テニマガ・テニス部
手塚一志先生の
テニスアスリート体操
全10種目にトライ!
テニスの骨盤力を磨いて、
キレあるカラダをつくろう!
テニマガ・テニス部は、
テニマガ講師陣がライブでレッスン!
今回の部活はフェローズスポーツ(千葉県浦安市)で開催!
「テニスのパフォーマンスアップに有効な10種の体操を紹介します。すでにテニスプレーヤーのみなさんも、これからテニスを始めるという方も、この体操を行うことによって"理に適ったカラダの操り方"を身につけることができます。ボクといっしょにテニス力を磨きましょう!」

講師◎手塚一志先生
てづか・かずし◎1963年、徳島県生まれ。筑波大学大学院および東大大学院でスポーツ科学を専攻。スポーツ科学、生理学、解剖学、力学の知見をもとにスポーツ技能熟達法を発見・開発・提唱している。現在は、プロ選手から初心者、子供まで、各スポーツの技能上達をサポートするスポーツ上達工房「上達屋」の代表。2015年より、理化学研究所客員研究員。主な著書に『骨盤力』『ジュニア世代の骨盤力~野球のピッチング』(小社)などがある
ご挨拶
 ボクが1993年に開設した「上達屋」というスポーツ選手専用の上達工房は、全種目、全レベル、そして全年代に、「理に適ったカラダの操り方」を指導しています。小さな子供のうちから細かい技術を教え込むのではなく、将来長い時間をかけて技能が順調に伸びていくように、まずはすべての種目に共通する「基礎的なカラダの使い方」を身につけることに重点を置いています。それを可能にしたのが『クオ・メソッド(骨盤力)』です。

 テニスマガジン2016年5月号から紹介している『アスリート体操』(全10種目)は、その『クオ・メソッド』をプラットフォーム[基盤]とし、スポーツ選手が自らのカラダを自在に操れるようにするためのメソッドです。この体操を今回の部活のプログラムで行います。
『アスリート体操』は、それぞれのスポーツ種目のパフォーマンスアップを目的とし、必要なドリルを抜粋して組み合わせることでパッケージ化しています。テニスに必要なドリルは全10種目です。これを『テニスアスリート体操』と呼びます。

テニスマガジン2016年10月号

テニスマガジン2016年12月号
【テニスアスリート体操 全10種目】
1 呼吸調整(2016年5月号掲載)
2 骨盤3分割(2016年6、7月号掲載)
3 だだっこ(2016年8月号掲載)
4 ブラッシング(2016年9月号掲載)
5 コインドリル(2016年10月号掲載)
6 サークルスクラッチ、サークルスクラッチ・リバース、サークルスクラッチ・サービス(2016年12月号に掲載)
7 エアツイスト(2017年1月号掲載)
8 反射伸開脚(2017年3月号掲載)
9 スパイラルステップ(2017年5月号掲載)
10 ジャイロピッチ(400)(2017年6月号掲載予定)
この動画では、ボクシングの世界チャンピオンである小國以載選手が「アスリート体操」を行っている様子がご覧になれます。
【今回の部活内容】
日時◎5月3日(水・祝) 9:00~9:30 講義、9:30~12:00 オンコートレッスン ※受付は8:30~ 
場所◎fellows SPORTS(フェローズスポーツ)
〒279-0024 千葉県浦安市港3番地
※レッスンはインドア人工芝コート4面使用予定
アクセスはこちら|フェローズスポーツ
※車の場合、首都高速浦安ランプより約5分。無料駐車場あり
※電車の場合、最寄駅 JR京葉線 新浦安駅よりタクシーにて約4分
※上記、新浦安駅より送迎バスがあります。ご利用の場合はフェローズスポーツ フロントまでお電話(TEL047-355-8300)にてご予約ください。[お知らせ] 5月1日、2日はフェローズはお休みとなります。送迎バスをご希望される方は2日 18時までに、テニマガ・テニス部 e-mail tennisbu@bbm-japan.com TEL03-5643-3844までご連絡ください。

フェローズスポーツ テニスコート(インドア人工芝コート4面)
 手塚先生が代表を務める「スポーツ上達工房 上達屋」がフェローズスポーツ内(テニスコート隣接)に練習施設を新設し、2017年1月より『上達屋「浦安工房-fellows-」』がオープンしました。上達屋が運営する直営工房です。
 今回の部活はそのフェローズスポーツのインドアテニスコート4面および上達屋「浦安工房-fellows-」を使用し、手塚先生と、手塚先生のもとで「テニスアスリート体操」の研修を受けたフェローズスポーツのテニスコーチ陣が全面サポートしてくださる予定です。
 上記施設を貸切で、テニスアスリート体操 全10種目にトライしていきますが、その10種目の中でも特に人気プログラムの「ジャイロ400(投球動作)」は、"いつものテニスボールを使った投球"のほかに、今回は野球の軟球を使用する機会もつくる予定です。これは本格的なボディワークを引き出すために大きなヒントとなるものです。

テニスコートのバックフェンス裏に手塚先生が代表を務める上達屋「浦安工房-fellows-」が2017年1月にオープン。今回の部活ではこちらの野球レーンも使用いたします。

部活参加資格◎どなたでも。これからテニスを始めたい方、もっとうまくなりたい方、理に適ったカラダの操り方を身につけたい方、大歓迎です!参加者同士で協力し合い、ボディワークを学んでいただける方にぜひご参加いただきたいです。事前にテニスマガジンのバックナンバーで「手塚一志のテニス技能上達工房--テニスアスリート体操」を予習していただければ幸いです。最新5月号は9種目目「スパイラルステップ」を紹介しています。
募集人数◎80名
締切り◎定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加費◎大人4000円、中学生・高校生3000円、小学生以下2000円
※当日、テニマガ・テニス部の受付でお支払いください。
お申し込み方法◎申し込みフォームはこちら 3月25日(土) 0時~
お問い合わせ先◎テニスマガジン編集部
テニマガ・テニス部 e-mail tennisbu@bbm-japan.com TEL03-5643-3844
※取材で不在にしていることが多いため、主にe-mailをご利用いただけると幸いです。
※開催日、および前日は準備のため不在です。
【注意事項】
※講義とレッスンはオンコートで行います。プレーできる服装、ラケット、テニスシューズを持参してください。
※今回の部活はボディワークを学ぶことが中心となりますが、実際にラケットを振り、テニスボールを打ってカラダの変化を体感することも行う予定です。よって、ラケットを持参してください。初心者の方でラケットをお持ちでない場合はお貸し出しいたします。
※レッスン内容の写真撮影、ビデオ撮影はお断りいたします。ただし周囲の方にご配慮いただき、ご自身を撮影する場合はその限りではありません。
※室内でのレッスンですので、雨天の場合も開催いたします。ただし悪天候などにより予定が変更される場合は、WEBテニスデイリー|テニスマガジンにて発表いたしますので、各自でご確認をお願いいたします。編集部から直接ご連絡はいたしません。
※開催日前日と当日は、編集部は準備のため不在となりますので、お電話でのお問い合わせには対応できません。
※お申し込み後のキャンセルは2日前までにe-mailまたはお電話で編集部までご連絡ください。それ以降のキャンセルは、キャンセル料として参加費の半額を、無断でキャンセルされた場合は、キャンセル料として参加費の全額をお支払いいただきます。
※ご応募いただくと自動的に『テニマガ・テニス部』の部員に登録されます。部員にはテニマガ・テニス部部活動に関するメール配信サービスがありますが、登録された個人情報をそれ以外の目的で利用したり、第三者に提供することは一切ありません。もちろん退部(メール配信解除)することもできます。詳しくはWEBテニスデイリー|テニスマガジンの『テニマガ・テニス部』の項目でご確認ください。
※この部活動の模様は、テニスマガジンおよびWEBテニスデイリー|テニスマガジンブログ、Facebook、twitterに掲載される場合があります。
※各自傷害保険にご加入の上、ご参加ください。

今回の部活は手塚先生のもとで「テニスアスリート体操」の研修を受けたフェローズスポーツのテニスコーチ陣(写真)が全面サポートしてくださる予定です。
PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」で8度目、グランドスラムでは19度目の優勝カップを手にしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

「長い道のりだった」----フェデラーが記録破りの8度目タイトル獲得 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」で大会11度目の決勝、8度目の優勝を狙うロジャー・フェデラー(スイス)。対戦相手は大会初の決勝進出を果たしたマリン・チリッチ(クロアチア)

2017.07.16

フェデラー「もうすぐそこまできている」、ウィンブルドン史上最多の8度目の優勝を狙う

「ウィンブルドン」決勝で、足裏のマメに痛みにより治療を受けるマリン・チリッチ(クロアチア/右)と集中し続けるロジャー・フェデラー(スイス/左)

2017.07.17

チリッチは痛みと涙の狭間に「勝つ可能性があまりないとわかって...」 [ウィンブルドン]