ウィンブルドン

肘の故障のためフェレールが出場を辞退 [ウィンブルドン]

 6月29日にイギリス・ロンドンで開幕する「ウィンブルドン」(グランドスラム/芝コート)。

 肘の故障のため、ダビド・フェレール(スペイン)が大会を欠場すると発表された。

 大会側の発表では、第8シードのフェレールの代わりにラッキー・ルーザーとしてルカ・ヴァンニ(イタリア)が本戦ドローに入るとのこと。

 フェレールは1回戦で地元ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のジェームズ・ワード(イギリス)と対戦する予定だった。

 フェレールはこれまでにグランドスラムでの優勝経験はないが、2013年の全仏オープンでは決勝に進出し、ラファエル・ナダル(スペイン)に敗れて準優勝の実績がある。(C)AP

※写真はノッティンガムの大会でのフェレール
Photo:NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 23: David Ferrer of Spain on the practice court on day three of the Aegon Open Nottingham at Nottingham Tennis Centre on June 23, 2015 in Nottingham, England. (Photo by Jan Kruger/Getty Images for LTA)

【観戦チケット情報】



友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu