マイページ

ウィンブルドン

ジョコビッチがシモンに勝利も左肩を傷める [ウィンブルドン]

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(本戦6月23日~7月6日/グラスコート)。

 男子シングルス3回戦を戦ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、6-4 6-2 6-4でジル・シモン(フランス)を破って4回戦に進出した。第3セットではあわやという場面を乗り越えての勝利だった。

 第3セット、ジョコビッチが3-2として迎えたシモンのサービスゲームで、ジョコビッチはフォアハンドを打った際に転倒。左肩を押さえ、顔を歪めた。

 メディカルタイムアウトをとって治療を受けたジョコビッチは試合に戻り、最後はシモンのサービスゲームをブレークして試合を終わらせた。この試合でのジョコビッチは、シモンのサービスゲームを7度破っている。

 「鋭い痛みを感じた」とジョコビッチ。「よくない転び方だったから、関節に影響がないことを望んでいた。幸運にもダメージはないみたいだし、プレーもできていた。衝撃のせいで筋肉に痛みは感じるけれど、試合を終えられてまずはよかったよ」。

 その他の男子の試合では、2回戦を戦った第19シードフェリシアーノ・ロペス(スペイン)がアンテ・パビッチ(クロアチア)を6-4 7-6(4) 7-5で下し、3回戦を戦ったケビン・アンダーソン(南アフリカ)はファビオ・フォニーニ(イタリア)を4-6 6-4 2-6 6-2 6-1で破っている。

 アンダーソンは最後の11ゲーム中、10ゲームを奪うプレーを見せての4回戦進出だった。南アフリカ人選手としては、2000年のウェイン・フェレイラ(南アフリカ)以来のウィンブルドンでの4回戦進出となる。

 木曜日に降雨のため順延となっていた2回戦、サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)と第30シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)の試合は、ヒラルドが4-6 7-6(2) 1-6 6-1 7-5で勝って3回戦に進んでいる。(C)AP


ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu