マイページ

全米オープン

ブシャールが全米オープン時の転倒の責任を巡りUSTAを提訴

 ユージェニー・ブシャール(カナダ)が、先の全米オープン時にロッカールームで転倒した件について、大会を主催する全米テニス協会(USTA)の不手際だとして水曜日に提訴に踏み切った。

 ブシャールは昨年のウィンブルドンで準優勝するなど、活躍が期待されている選手だが、9月4日の事故後は激しい痛みに襲われ、経済的な損失を被ったとしてブルックリンの連邦地方裁判所に損害賠償を求める裁判を起こした。

 ブシャールは21歳。事故のあった日は、ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)とのシングルスを戦い、そのあとミックスダブルスをプレー。ロッカールームに戻ったのは午後10時を少し過ぎた頃だったという。彼女はロッカールームにある、フィジオセラピールームで滑って転倒。タイル張りの床に頭部を打ちつけたのだという。

 ブシャールは転倒により、脳しんとうと頭部に深刻な外傷を負ったとのことで、全米オープンの残りの試合と中国と日本で開催される大会の欠場に追い込まれていた。

 「ブシャールさんが女子ロッカールームにあるフィジオセラピールームに入った際、床の上につるつると滑る危険な物質があったために転倒した」とブシャール側の訴状で主張されているが、その物質が何だったのかについては明らかにされていない。

 ブシャール側は自身のケガの原因について「被告であるUSTAの不注意であり、過失であり、安全な状況確認を怠った過失によってのみ引き起こされた」ものであると主張。USTAはロッカールームを安全で適切な状況に保つことを怠ったとしている。また、これはUSTAが床を清潔にしておかなかったことが原因だとも主張している。

 また、この事故後にブシャールのランキングは13位以上降下したが、さらに落ちる可能性があると考えているという。

 USTAのスポークスマンを務めるクリス・ウィドメイヤー氏は、訴訟が進行中であるという理由でコメントを拒否している。(C)AP

※写真は全米オープンでのブシャール
Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 04: Eugenie Bouchard returns a shot to Dominika Cibulkova of Slovakia as her visor falls off during their Women's Singles Third Round match on Day Five of the 2015 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 4, 2015 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu