マイページ

全米オープン

「ビッグ4」時代の終わりの始まり? 2014年のグランドスラムから予想される来季の展望

 ロジャー・フェデラー(スイス)やラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がグランドスラムの決勝を戦わなかったのは、この全米オープンがほぼ10年ぶりのことで、マリン・チリッチ(クロアチア)が錦織圭(日清食品)を倒して優勝したことは、ほかの多くの選手たちにとっては、トップへ上り詰めるための扉が開いた希望のような意味を持つ。

 次のグランドスラムは来年1月の全豪。ここで話題になるのは、2014年の様相は男子テニス界の変動の兆しなのかどうかということだ。もしそうだとするなら、次は誰が出てくるのだろうか。
 
 火曜日の段階でチリッチは、「全部の選手たちに可能性が大きくなってきたと感じている」と話していた。

 2005年全仏以来のグランドスラムは38大会連続で、フェデラーかナダル、ジョコビッチの誰かが必ず決勝に上がってきていた。うち、このトリオ同士での決勝は17回に及ぶ。

 また、この3人がこの期間に獲得したタイトルは34。この全米オープンでチリッチが優勝するまでに、彼ら以外で優勝したのは、2009年全米のフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)がフェデラーを破ったケースと、2012年の全米と昨年のウィンブルドンでジョコビッチを倒したアンディ・マレー(イギリス)、そしてナダルを倒した今年の全豪のスタン・バブリンカ(スイス)だけだった。

 198cmの大きな体格と天賦の才能を持つチリッチのようなビッグヒッターたちと、今までと同じように変わらぬ顔ぶれたちが何度も戦う形になっていくのだろうか?

 「彼らは偉大なチャンピオンだし、今後も何度もグランドスラムの決勝に進み、優勝もするだろう」とチリッチは話している。

 「ここ数年はほとんど信じられないというレベルのテニスをして、初めて結果が出せるような状況だ」とチリッチは話し、「そして、今大会の僕は少しラッキーだったとも言うべきだと思う。今大会にはラファ(ナダル)が出ていなかったし、僕はいいドローを引いてもいた。僕はノバクやアンディといった選手たちと戦わずに済んだからね」。

 とはいえ、彼が大会で最後に戦った4人に対して10セットを連続で奪い、大会を通じての得失セットは19対5だった。

 彼は準決勝でフェデラーをストレートで破ってもいる。33歳で17度のグランドスラムの優勝者でもあるフェデラーは、今後その数字を増やせるのだろうか。

 昨年の優勝者のナダルは、右手首の故障でそのタイトルをディフェンドすることを諦めた。

 ジョコビッチは錦織に準決勝で敗れて姿を消した。

 それまでの「ビッグ3」からマレーが加わって「ビッグ4」と呼ばれるようになったが、そのマレーは昨年の手術後からまだ調子を取り戻せていない。

 バブリンカの全豪での優勝は、チリッチの活躍を含めて、ツアーに多くの影響をもたらした。全仏ではエルネスツ・グルビス(ラトビア)がベスト4に進出し、ウィンブルドンではグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がやはりベスト4に進んでいる。

 「彼らが出てきて活躍するのは、テニス界にとってはいいことだ」とチリッチのコーチを務める2001年ウィンブルドンのチャンピオン、ゴラン・イバニセビッチは言う。「新しい選手たちが、テニスに新しい息吹を与えてくれる。テニス界にはこれが必要なんだ」。

 チリッチに敗れたフェデラーも、全米の決勝に彼自身やジョコビッチやナダルといった選手たちが残らなかったことについて聞かれている。
 
 「みんなそれぞれに自分の物語をつくっている。みんなは全豪のときにも同じことを言っていた。そのあとの全仏がどうなって、ウィンブルドンではどうだった?」とフェデラーは言う。「でも、みんなにチャンスが出てきているのも確かだ。だから、みんなが書きたいように書けばいいと思うよ」。

 フェデラーは正しく、彼の言う通りでもある。全仏の決勝はナダル対ジョコビッチだったし、ウィンブルドンの決勝を戦ったのはジョコビッチとフェデラーだった。

 来月には26歳になるチリッチは、「ビッグ3」や「ビッグ4」と言った選手たちと、そのほかの選手たちがすぐにとって代わるわけではないという。

 「僕が言いたいのは、彼らはまだそこに居続けるだろうということでもある」とチリッチは来季を見据えて話す。

 「また新しい誰かがグランドスラムで優勝するかもしれない」とチリッチは話し、「でも、それも確かなことではない。僕が言いたいのはラオニッチやディミトロフ、錦織。そして復帰してくるデル ポトロや僕も含めて、みんなに大きなチャンスがきているという話なんだよ」。(C)AP

Photo:Marin Cilic, of Croatia, left, and Kei Nishikori, of Japan, stand for the trophy ceremony after Cilic defeated Nishikori in the championship match of the 2014 U.S. Open tennis tournament, Monday, Sept. 8, 2014, in New York. (AP Photo/Darron Cummings)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu