マイページ

全米オープン

男子ダブルスはブライアン兄弟がグランドスラム通算16度目の優勝 [全米オープン]

 8月25日~9月8日の日程で、アメリカ・ニューヨークで開催されている全米オープン(グランドスラム/ハード)。

 ボブ・ブライアンマイク・ブライアン(ともにアメリカ)のブライアン兄弟が、男子ダブルスで優勝を果たした。全米オープンは最多タイの5度目優勝で、キャリア通算で100タイトル目を獲得した。

 世界ランク1位のダブルスペアの双子の兄弟は、第11シードマルセル・グラノイェルスマルク・ロペス(ともにスペイン)のペアを6-3 6-4で下しての勝利だった。

 ブライアン兄弟の全米5度目の優勝は、1880年代にリチャード・シアーズとジェームズ・ドゥワイトが残した5度の優勝に並ぶ記録で、オープン化以降ではボブ・ルッツとスタン・スミスの記録を上回ったことになる。

 また、グランドスラム通算でのタイトル数を16とし、自らが持つ最多勝記録を1つ伸ばした。
 しかし、優勝自体は2013年ウィンブルドン以来で、今季は2004年以来無冠で終わる危機でもあった。

 彼らにとってホームのグランドスラムがこの全米。36歳のブライアン兄弟は、ここ2試合はいずれもフルセットの接戦を強いられていた。しかし、この決勝では全仏の準々決勝で敗れていた相手ペアをうまくコントロールするプレーを見せての勝利だった。(C)AP

※以下の動画は無料です。ただし一部の動画では「WOWOWオンラインID」の登録が必要です。会員登録(無料)はこちら





Photo:Bob, left, and Mike Bryan kiss the men's doubles championship trophy after defeating Marc Lopez and Marcel Granollers, of Spain, in the doubles championship match of the 2014 U.S. Open tennis tournament, Sunday, Sept. 7, 2014, in New York. It was the Bryans 100th tournament title. (AP Photo/Mike Groll)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu