マイページ

全米オープン

バブリンカがロブレドを倒して8強、次の相手は錦織 [全米オープン]

 8月25日~9月8日の日程で、アメリカ・ニューヨークで開催されている全米オープン(グランドスラム/ハード)。

 全豪オープン優勝者のスタン・バブリンカ(スイス)はつまずいて観客席に飛び込み、トレーナーにケイレンの治療を受けた。

 バブリンカは第3シード。月曜日の4回戦ではトミー・ロブレド(スペイン)と対戦し、7-5 4-6 7-6(7) 6-2で勝利してベスト8に進んだ。

 第16シードのロブレドは、第1セットでは自分のサービスでセットを取るチャンスを得ており、第3セットでは2本のセットポイントを持っていたが、いずれもバブリンカが巻き返した。最後となった第4セットではバブリンカが圧倒しての勝利だった。

 「普段の僕が強いのは、命は短いってことをわかっているからさ」とバブリンカは言う。「たとえすごく悪い状態だと感じているときでさえ、僕はいつも状況をよくするための方法を見つけ出す。フィジカルをリラックスさせて、最後は気分がよくなるんだ」 。

 第3セットで4-3とリードした場面では、ロブレドの打ったスマッシュを追いかけたバブリンカが、サイドライン側に設置されているバリアーを乗り越え、そのまま観客席に飛び込み、数人の観客たちの上に着地した。

 彼はすぐにコートに戻ったが、膝を傷めたようでしばらくはじっとしていた。そのあと、自分のチェアに戻って右足をストレッチすると、足を上げて円を描くようにぐるぐると回した。

 プレーが再開されると彼の動きはよかったが、トレーナーはすでに待機していて、チェンジオーバーの際に治療を行った。

 バブリンカはルイ・アームストロング・スタジアムではよく試合をしてきているが、観客席に飛び込んでしまったのは今回が初めてだったという。

 「とてもよくない転び方だった」とバブリンカ。「でも、幸運なことに大きなケガはしなかった。元々フィジカルには厳しい大会で、転んだことによる影響は何もないよ」。

 バブリンカは準々決勝では第10シードの錦織圭(日清食品)と対戦する。錦織は第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を倒してのベスト8進出だ。(C)AP



Photo:Stan Wawrinka, of Switzerland, returns a shot to Tommy Robredo, of Spain, during the fourth round of the U.S. Open tennis tournament Monday, Sept. 1, 2014, in New York. (AP Photo/Jason DeCrow)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu