全仏オープン

【速報】全仏オープン第10日

ラファエル・ナダル

 先月28日(日)からフランス・パリで開幕した「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)。

[Draw]全仏オープン 男子シングルス

[Draw]全仏オープン 女子シングルス

 大会第9日、男女シングルス4回戦が行われ、それぞれベスト8が出揃った。第8シード錦織圭(日本/日清食品)は世界ランキング37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を0-6 6-4 6-4 6-0逆転勝利で、2年ぶりのベスト8進出を決めた。
 錦織は準々決勝で初のベスト4進出をかけて、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは4回戦で、第13シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、 第21シードのジョン・イズナー(アメリカ)らシード勢を破り、勝ち上がってきた21歳のカレン・カチャノフ(ロシア)を6-3 6-4 6-4で下しての勝ち上がり。錦織とマレーの対戦成績は錦織の2勝8敗。

 その他の試合では、第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)が地元フランスの第15シードのガエル・モンフィスを7-5 7-6(7) 6-2で下し、ベスト8入りを決めた。この試合の結果、準々決勝は2015年覇者のワウリンカと2014年全米オープン優勝者で本大会第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)の対決に決まった。本大会のチリッチは1回戦から3回戦までストレート勝ち、4回戦ではケビン・アンダーソン(南アフリカ)の棄権により、ここまで1セットも落とさず、勝ち上がってきている。これまでの対戦成績はワウリンカの11勝2敗。直近では、2016年11月のATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で対戦し、7-6(3) 7-6(3)でワウリンカが勝利している。

 女子シングルス4回戦では、第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と第5シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が勝ち上がり、準々決勝での対戦が決まった。両者は全仏前哨戦の「BNL イタリア国際」(WTAプレミア5/5月15~21日/賞金総額307万6495ユーロ/クレーコート)決勝で対戦し、4-6 7-5 6-1でスビトリーナが勝利している。

 大会第10日は、男子シングルス準々決勝に第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が登場。ジョコビッチは、ここまで全てストレートで勝ち上がってきた第6シードのドミニク・ティーム(オーストリア)とナダルは4回戦で第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)をフルセットの末破り、勝ち上がってきた第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦する。

■日本人選手結果一覧

<男子シングルス4回戦>
錦織圭(日本/日清食品)[8] 0-6 6-4 6-4 6-0 ●フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)

尚、本サイトでは全仏オープンの試合を厳選して、連日テキスト速報でお送りします。是非お楽しみください。


■6/6の速報対象試合(予定)


※変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

20:55:クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)[13]VS.ティメア・バシンスキー(スイス)[30]

20:55:エレナ・オスタペンコ(ラトビア)VS.カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[11]

23:00頃:パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[20]VS.ラファエル・ナダル(スペイン)[4]

23:00頃:ドミニク・ティーム(オーストリア)[6]VS.ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2]

※23時頃に速報を予定していた男子シングルス準々決勝の2試合は雨のため翌日に順延となりました。

■関連ニュース

・【全仏オープン第10日 / 6月6日の放送予定】ムラデノビッチとバシンスキー、ナダルとカレーニョ ブスタ、ジョコビッチとティームが4強入りをかけて激突
・混戦の女子シングルス、男子のマレーは風邪と不調の問題から復活か [全仏オープン]
・世界1位のマレーが準々決勝に進出、次の錦織戦について「圭は動きが良く、両サイドから危険な選手」 [全仏オープン]
・錦織がベルダスコとの一戦で躍動、勝利と同時に〈感覚〉つかむ [全仏オープン]
・ハレプとスビトリーナがベスト8へ [全仏オープン]

(テニスデイリー/ナノ・アソシエーション)

※写真は「全仏オープン」(フランス・パリ)で3回戦に進出したラファエル・ナダル(撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu