全仏オープン

錦織がベルダスコから第2セットを奪い、セットカウント1-1 [全仏オープン]

「全仏オープン」(フランス・パリ)の4回戦でフェルナンド・ベルダスコから第2セットを奪った錦織圭(撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第8シード錦織圭(日清食品)がフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦。第1セットを0-6で落とした錦織が第2セットを6-4で奪い、セットカウント1-1のタイに追いついた。

 両者の過去の対戦成績は錦織の3勝2敗で、過去3戦は錦織が連勝している。今シーズンは3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の3回戦で対戦し、7-6(2) 6-7(5) 6-1で錦織の勝利。全仏では昨年の3回戦で対戦し、錦織が6-3 6-4 3-6 2-6 6-4で勝っている。

 全仏オープンに5年連続7度目の出場となる錦織は、2014年に自己最高の8強入り。昨年は4回戦で、リシャール・ガスケ(フランス)に4-6 2-6 6-4 2-6で敗れている。

 この試合の勝者は準々決勝で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは4回戦で、ノーシードから勝ち上がってきた21歳のカレン・カチャノフ(ロシア)を6-3 6-4 6-4で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「全仏オープン」(フランス・パリ)の4回戦でフェルナンド・ベルダスコから第2セットを奪った錦織圭(撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu