全仏オープン

全仏、伊達組屈して日本勢敗退 フェレールら16強入り

【パリ共同】テニスの全仏オープン第7日は31日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス2回戦でクルム伊達公子(エステティックTBC)バルボラ・ストリコバ(チェコ)組はルーシー・ハラデツカ(チェコ)ミハエラ・クライチェク(オランダ)組に3-6、6-3、3-6で屈し、日本勢は全て敗退した。

 男子シングルス3回戦で昨年準優勝の第5シードダビド・フェレール(スペイン)がアンドレアス・セッピ(イタリア)に6-2、7-6、6-3で勝ち、4年連続の16強入り。史上初の5連覇を狙う第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)も登場した。

 女子シングルス3回戦ではスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が第5シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6-7、6-1、9-7で破り、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)とともに16強入りした。(C)共同通信

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu